t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
最後通告
施工会社のM氏が、フローリング業者と建具業者の人を連れて、工事前点検に来ました。
引き戸レールの作成には少なくとも 3週間かかるそうです。

前回の話し合いで工事そのものにも、2日間かかると聞いていましたので、
日程調整はその後、工事は年内には行えないかもしれません。

そして、今回、M氏に最後通告です。

丸2日間の工事は大きな負担である事。
そして、これっきりにして欲しいこと。

なので。
工事の後にもう一度、住宅・建築トラブル検査のプロに点検をして貰い、
さらに、3ヶ月か半年後にも検査をして貰って、<問題無し>と判断されれば
お互いにお疲れ様でした、で終わり。

もし、問題点が発生・発見した場合は、その改修・補修は当然ですが、
慰謝料を払って頂きます。

M氏はかなり動揺している様子でしたが、とにかくこちらの要求を持ち帰って頂きました。

さて。返事はいつでしょう・・・・

JUGEMテーマ:生活安全
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
プロ登場!
♪今日は何の日?うっふ〜〜ん♪(←お昼にたまに聞くなぁ)

「今日は、住宅建築トラブルのプロに点検して貰う日です」

改修工事後の補修の補修の補修・・・・なんて事が続いているので、細かい問題はモチロン
山盛りのテンコ盛りなのですが、とりあえずは、デッカイ問題から点検して頂きました。

「最悪」と称された巾木と、立て付けの悪くなった引き戸、引き戸レールに向けて
競り上がってしまったフローリングが中心です。
検査の前に被害状況の写真と、写真だけの改修工事報告書をみて頂きました。

そして、検査の結果。
キャビネットへの冤罪が立証され、巾木は巾木自身が悪く、約 7mm 程度のズレが
生じている事、引き戸レールは急ごしらえで、素材の乾燥が十分ではなかった為に
中心部に向かって湾曲して盛り上がってしまっている事、その湾曲がフローリングを
引っぱり上げてしまっている事が判明。

なにもかも、 突貫工事における弊害と、職人の腕の悪さが原因 でした。

検査は全て施工会社のM氏と、水栓会社の I 次長(T氏は担当を外されたのかな??)の
前で行われ、確認されました。

そして、フローリングが数箇所<床鳴り>を起している(数年内に亀裂の原因になる)とか、
改修工事報告書の再作成要請など、テキパキと進んでいきます。

結果として。
住宅建築トラブルのプロの目から見て、「問題は多々あるけど施工会社としては良心的に
対応していると思うので、安心して良いと思う。
ただ、素人目には分かり難い、説明がし難い問題点の指摘がなかなかできないので、
やはりこういった場を設けたのは賢明でした。」
そんなお言葉を頂いて、本日はお開きです。

早ければ年内には、2日間での工事が行われます。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
最悪の巾木。
補修の補修の補修の・・・・数えるのも面倒になってきた、何回目かの補修が
またやってきた。

廊下&リビングのフローリングに加えて、本日のメインは巾木。
なんと、リビングのカップボード下の巾木の下に壁紙がハミダシテいるのだ。

フローリング業者は、前回までは若手風が一人ぼっちでやって来てたけど、
今回はその若手風に加えて、2週間ほど前に事前点検に来た熟練風と、
その間に立つ中堅風の 3人でやって来ました。

それもこれもあんまりにもクレームが多いから?

しかし、作業の様子をみているとどうやらイチバンのベテランは中堅風のよう。
イキオイ、あれやこれやの注文は中堅風へ集中してしまいます。

するとその中堅風が、例の巾木を見て一言。

『うおぉ、最悪!』

え?何?!最悪??最悪って??!

「このカップボード、オプションでしょ?
これ、うちで巾木とフローリングを仕上げた上に後載せしてるんですわ。
せやから、フローリングが沈んでしまってるんです」

固まる私に中堅風の更なる一撃が加わります。

「うちではどないにもできませんわ。
直すには先ず、このカップボード引っぺがすしかありませんし」

堯゚口゜)げいーーーん。

「あと、どないしても・・・・って事やったら、コーキングくらいしかないですわ。
巾木の下にはみ出してる壁紙部分にコーキングうってみるくらいですね。
色としては目立たん様にはなりますけど・・・・」

・・・・いえ。施工会社のM氏に相談します。
そしてまた、ため息ひとつ。



余談ですが中堅風の彼。
事前点検した熟練風に最後に一言。
「巾木。うちでは無理やで。あんなんコーキングうって何とかなるもんちゃう」

コーキングはあくまでも誤魔化し程度ってことね。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
延長戦突入。
結婚記念、7ヶ月〜
わ〜い♪


さて。
水害写真のデータがCD-ROMに焼かれていなかった件は、きっと多分、
何かの手違いでしょう。
だって。フィルム写真のプリントはちゃんと頂いてるし。

激しく間抜けだとは思うけど・・・・・

それよりなにより、謝罪の件。
結局は謝罪されても我が家の状況はなんら変化ないんですよね。
当たり前っちゃー、当たり前なんですが。

我が家は床下浸水したし、改修工事の後の補修の補修の補修の・・・・なんて
未だに続いているわけだし。

では、私たちに必要なものは何か。

それはやっぱり、≪ 安心 ≫しかないんですねー。

水害なんてあると、やっぱりカビが怖いじゃないですか。
私は喘息もちだし、夫婦揃って皮膚は弱いし。
いずれ子供を持つことを考えると、さらに怖いですよ。

今までの対応に不満も怒りも残ってますが、それはこの家に本当に
安心する事ができたら、時間と共に薄れていくものです。

そんなわけで、≪ 安心 ≫を要求することにしました。

しか〜し。
何がどうなっていれば安心と言えるのか、私たち夫婦は素人。
縦のものを横にされてても、分かりようもありません。

そんなわけでプロに依頼する事に。
ネット検索で、住宅建築トラブルのプロ発見。早速、連絡してみる。

さすがですね。
私たちの現状に、丁寧なアドバイスを頂いた上にこんなご忠告まで。

『相手の印象や謝罪の言葉と、本当の意味での反省・謝罪に基づくしっかりとした
補修、保全を実施する事とは直接関係性はありませんよ』

ごもっとも!!

検査の予約を取るべく日程の確認。その後、施工会社のM氏に電話しました。
検査の立ち会いに、検査員への解説、検査費用の負担を要求しました。

検査は来月行われます。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
気持ちのカタチ?
今年最大級と名高い台風23号が迫り来る中、施工会社のM氏と
水栓製造会社のT氏はやって来ました。

そして、もう1人。
水栓製造会社の<次長>ってな肩書きの I 氏も初お目見えです。

しかも、今回は初!手土産付き!!

なんでしょう。
とっても今までと展開が違いますね。

依頼していた写真のデータとプリントも頂きました。

そして、先ずはM氏から。
自分たちの配慮がいかに足りなかたっか、そんなつもりではなかったが、
結果、多大な迷惑と不快感を抱かせてしまった事を深く反省しております・・・・etc

続いて、T氏。以下同文。

つきましては、反省と謝罪の気持ちを文章にしたためて持参しましたので、
ぜひともお受け取り頂いて、ご理解頂きたい。
示談書につきましてはもうサインを頂く必要はございません。

ってな具合です。

ええ。 全然っ、流れが違います!!
ある意味、不気味です。
まぁ。流れは違っても結局、状況は同じなんですけどね。謝ってるのも変らないし。

それでも、前回の話で幾らかでも、こちらの不満を理解して貰えたって
ことなんでしょうかねぇ。

と、思いつつ反省&謝罪文を見ると・・・・。
連綿と書き連ねているお詫びの言葉の下には、M氏とT氏の個人名が署名され
押印までしてあります。

もちろん、二人とも社名&肩書き付きですし、T氏の署名には社印も押印されてました。

う、ううううーーーーーーむ。

これは、いったいどないなもんなんでしょう。
こういう時は社名で出さんか?謝罪文ってのは。

M氏もT氏も担当者なのは分かるけど、彼らは社の代表では無いでしょう。
こんなもんなの?これってこんなもんなのかな??

I 氏にどうして個人名なのか尋ねてみると。
「それは、二人がそれぞれ社を代表してお詫び申し上げて・・・・・」とかなんとか。

では、貴方は何? ム〜〜〜〜
<社を代表する人>が来て、その上司です・・・・ってのはオカシイでしょう。

とりあえず、謝罪の受け入れは検討させて頂きます、としてお引取り頂きました。

そう。そしてお引取り間際。
新たな小箱がM氏の手より「ほんのお詫びの気持ちです。」として登場。
なんとなく中身の検討はついたので、その場で辞退しましたが
「あくまでも、お詫びの気持ちですから」とM氏。

ひとまず、謝罪文と共にお預かりする事にしました。

三人の退場後、お土産を開けると中身は某有名カフェの洋菓子詰め合わせでした。
そして、小箱の中身は思った通り全国共通商品が5桁分。

さてさてどーすべぇ。
これで十分?もう、何の不満も不安も無い?
なんて旦那さんと話しながら、写真のデータを確認。


・・・・・。
なーーーーーんにもデータが入ってないんですけど。((+_+))

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
予告電話
我が家の床下浸水の示談をけって1週間と1日。
施工会社のM氏より電話があった。

「来週の火曜日にでも伺ってもよろしいですか?」

ええ。ええ。もちろん。
いらしてくださいな。

そして、依頼していた我が家の被害状況写真の件も確認。

「その写真なんですが、うち(施工会社M氏)の撮影分はデータでお渡しします。
ただ、損保の撮影分がフィルムなので、プリントしてお持ちしますね」

それは結構ですが、水栓製造会社のT氏撮影分は???

「あ。それはですね。損保の撮影分を(社内で)使う事に決まったので、
既に破棄してしまっているらしいんですね」


・・・・・・・・・・・・。
はぁ〜〜〜〜あ。

そんなわけで、第二戦は10/18(火)開催決定!

JUGEMテーマ:生活安全 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
四度目の正直。
今度こそ!!・・・の、風呂パネル交換です。

前回は私の不在時だったので、今回の補修にあたって事前に幾つかお願いしました。

<1>:前回取り替えた時に、コーキングが付いた手で周囲のパネルを触ったらしく
    汚れが酷いので、キレイに落として欲しい。

<2>:全体的にコーキングが途切れている箇所があるので、きちんと埋めて欲しい。

<3>:パネルのひび割れ部分から、裏手に湿気が入って黴ていないか心配なので
    パネルを取り外したら、まず中の確認をさせて欲しい。

そんなこんなで、午後1時過ぎにパネル交換スタートです。

もうしばらくすれば、旦那さんが仕事から戻るはずなので、私は昼食の準備に。
部屋の風通しを良くするために、玄関も窓もリビングに続く扉も、浴室への扉も
どこもかしこも開いていました。

すると。

ドカンッ!ガコンッ!!バキッ!!!

とてつもない破壊音が響いてきました。

慌てて風呂場を覗くと、文字通り風呂パネルを破壊中。
1度貼ったパネルはコーキングを取って剥がすのではなく、破壊して引っぺがすのです。

そんな事とは知らない私。
大急ぎでお隣さんへ工事のお詫びに走りました。

幸いにもお隣はお留守だったのですが、ここまで騒音が激しいなら一言、
言ってくれよ〜〜〜。工事業者&旦那さん!

パネル交換は無事完了。
今度は防黴コート業者に連絡して、新しいパネルに防黴コートをして貰わなければ。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
我が家の写真下さい。
施工会社のM氏に昼過ぎに電話しました。
先日、伝え忘れた我が家の写真の件です。

8月25日から工事完了までの間、施工会社のM氏はもとより、水栓製造会社のT氏、
そして保険会社の人も我が家の被害状況をパシャパシャデジカメに写していました。

そして、M氏には工事に関する報告書を請求した際に、水害の状況、工事中、工事後
・・・・の3つのパターンで写真撮影したものをプリントアウトして頂きました。

その写真を、プリントアウトしたものではなく、データで欲しいのです。

だって、プリントアウトしたものはA4用紙1枚中に画像が3枚並んでるので、
かなり見難いのですよ。

「そちらで撮影されたものと、T氏も撮影してらっしゃいましたよね。
その全てをデータで下さい」

結構、愛想良く話したつもりでしたが、先日、示談を蹴ったせいかM氏は少し?
緊張している様子。

「え〜・・・。そう・・・ですねぇ。データで・・・ですか。チョット確認してみます。」

さ〜て。どうなる?どうする?

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
通告
補修が完了していない現在、施工会社のM氏と水栓製造会社のT氏は
保険の関係で示談書にサインして欲しい・・・・と言ってきました。

なるほど。なるほど。
全ての補修費用を保険で賄う予定の水栓製造会社としては、
一日も早く旦那さんのサインが必要なようです。

1ヶ月前なら。

私の不満はともかく、旦那さんはきっと直ぐにサインをしたでしょう。

しかし。今日は既に10月。
補修工事は9月5日に完了したハズなのに・・・。

補修の補修。補修の補修の補修・・・・
なーーーーんてフザケタ話がエンエン続けば、示談書にサインする気なんて無くなりますとも。

しかし、ひとまず示談書の内容を確認。
<1>水栓製造会社にて製造の水栓不良により起こった損害に対して補修を行う
<2>補修完了を確認後、水栓製造会社には今後一切の責任の追及および
    補償の要求をしない。

とかなんとか・・・・概ねそんなような内容が記されていました。
よくある形ですね。はい。

ここでも、まず導入は旦那さんから。
ですが、既に 私の口の方が良くマワル 事をご存知のM氏&T氏。
視線は少しずつ私に。結局私が・・・・。

「結局、補修するからイイだろう。
補修したからそれでイイだろう・・・・って事ですかね?
補修するのは当たり前ですよね?」

まぁ。他にもイロイロ話しましたが、概ねこんな感じ。

そんなわけで、この示談書にはサインできません、としてお引取り頂きました。
「また出直します」との事でしたが、いつになるかは未定。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
風呂パネルの憂鬱。
オマチカネ!の風呂パネル交換日です。

度重なる補修にゲキコー(?)した旦那さんが、トウトウツイニ交換を要請したのです。


しかし、この日は平日。

日中は睡眠時間に充てなければいけない旦那さん。
今まではできるだけ私のお休みに合わせて補修日を設定していましたが、
今回は旦那さんにお願いしました。

開始は午後2時からの予定。
そして午後4時過ぎ、旦那さんからメールが入りました。

まだ終わらない・・・・・。

そして、午後5時半過ぎ。

まだ終わらない・・・・・。

そして、ダッシュで帰宅途中の午後6時過ぎ。

ようやく終わった。が。大問題。


大問題?大問題?大問題とな?
これ以上、どんな大問題が起こるんだ???

玄関先に鞄を放り出して風呂場に直行した私が目撃したものは、約 30cm ほどの
大きな亀裂が入った風呂パネルでした。。。。

これは、確かに大問題ね。旦那さん・・・

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |