t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅


帰国の朝です。 9 時には楽天トラベルで予約した 「 空港シャトル 」 のお迎えが来ます。
6 時半に起床して、旦那さんと娘ちゃんはホテルの朝食に。 私は朝食はパスして、最後のパッキングを開始。 なんせ、買い込んだお土産にはインスタント袋麺のセットが2セットだとか、スナック菓子の大袋パックなんてのがあって、これが軽いけどガサがある上に割れやすいもんだから、液体荷物同様にパッキングに難儀しました。 キムチも液体扱いだし ・・・・・ 。
土産物も考えて買わないと、こんな苦労するのねー。

ナントカカントカ荷物を押し込んで、帰り支度が整ったのが 9 時目前。 チェックアウトを済ませると、当たり前だけど既にお迎えの車は到着していました。
時間には余裕があるはずなんだけど、何だか慌しい気分のままで娘ちゃんの写真をパチリ!

できれば背の高い若い男性ベルマン ( かな? ) にはとてもお世話になっていたので、記念に娘ちゃんとの写真を撮って貰いたかったけど、とても忙しそうだったので断念。
このベルマン君、日本語がとっても堪能で職業柄?フットワークも軽く、機転も気配りもきく超お助けマン。 そしてなかなかのハンサム君

実は前日のスーパー探検から戻るタクシーでかなりボラレタ私達。
請求金額なんと 15,500 w ( 約 1,395 円 )!! これって韓国ではかなりスゴイ金額です。

この数日間利用した中で一番高く請求されたのが、9,700 w ( 約 873 円 ) 位だったけど、これは料金の高い模範タクシー ( 初乗り 4,500 w / 3 km ) に乗ってしまった上に、このタクシーはホテルが分からなくて < FREE INTERPRETATION > 無料通訳 ( 携帯電話で無料通訳してくれるので、とっても便利! 私達が利用したタクシーでは全て車内に大きくこの無料通訳案内の吸ってカーを貼っていました ) に教えて貰ったのにも関わらず、" イーストゲートタワーホテル " を、" 東大門ホテル " と間違えたから

この時は間違ってるのは運転手さんも認めてたし、その後私達のホテルまで戻るのにもメーターは動きっぱなしだったから、当然、9,700 w もの支払いは拒否しました。
で、ホテルの隣のファッションビル " doota! " の前を通り過ぎた時に 7,000 w 位だったので、価格交渉して 7,000 w だけ支払いました。
なんでだろー。 こういう時って、相手は韓国語だし、私はとっても怪しいカタコト英単語なのに結構スムーズに意思疎通ができてしまうのね。 不思議 ・・・・・・。

で。話は戻って、スーパー帰りのボラレタクシー ( こちらは断然お安い " 一般タクシー " 初乗り 2,400w / 2 km でした ) なんですが、私達は当然道も知らないし、結構な距離を走ったのは事実なので仕方ないかな 〜 とは思いつつも、一度ナビの案内をスルーして道を変えてたのも少し気にはなってました。 ( これまた余談ですが、滞在中に利用したタクシー全てナビ搭載車でした。 しかもナビのデータは TAXI 専用! )
ただスーパーで大量買い物の後だったので現金が足りず、私がホテルのフロントで両替している間に、私達が何も言わないのにベルマン君はタクシーの運転手さんに 「 なんでこんな高額料金になっているのか? 料金は適正なのか? ぼったくってないか? 」 などなど話してくれた上に、値下げ交渉までしてくれて彼のおかげで 15,500 w が 14,700 w ( 約 1,323 円 ) と、気持ちだけですがまけて貰いました。 この写真がその時のレシート。。。



金額の大小ではなく、この気配りがすごく嬉しいじゃないですか。
まぁ。 ほかにもイロイロありまして、このベルマン君にはとってもお世話になっていたのです。

写真は断念して名残惜しくも空港に向かう私達。 ラッシュ時には空港まで 1 時間半くらいかかるそうですが、日曜日だったからかとっても順調に進んで 40 分ほど経過 ・・・・ 到着まで後 10 分かそこら、余裕があるから少しは空港探検できるかなー、なんてのんびりしだしたところで旦那さんが重大な事を思い出しました。

フロントのセキュリティー BOX に預けた荷物を回収してない!!  

はい。 おまぬけを突き抜けて  おばか  いえ、" おおばか " 確定です。。。。
BOX の中には E チケットと車や家の鍵が入ってました。
あまりといえばあまりの事態に軽くパニックになった私達を助けてくれたのが、空港タクシーの運転手さんでした。
ホテルに電話をして、私達の車がホテルに引き返すより早いから、と何とかホテルの人に BOX の中身を空港まで持ってきて貰える様にお願いしてくれました。

結局、ホテルも忙しい時間帯で人手もないので、ホテルがタクシーを手配してくれてタクシーで BOX の中身だけ届けて貰う事に。 荷物を受け取ったら BOX の鍵を運転手さんに渡して往復分のタクシー料金を支払う事で手配をして貰いました。
この時も、タクシーの手配が整ったとか、往復の料金は 140,000 w ( 約 12,600 円  ) なので、それ以上はもし請求されても払わないでくださいね。。。。なんて細かいやり取りは例のベルマン君がしてくれました。
それ以外にタクシーの運転手さんとの進捗状況なんかのやり取りや、引継ぎ ( 結局、空港まで配達してくれるタクシーと、ホテルに鍵を届けてくれるタクシーは別になったので無線で状況確認してくれて結果助かりました ) なんかの段取りは全部、空港タクシーの運転手さんがしてくれました。
二人には感謝してもしきれません。
荷物を乗せたタクシーは実際とっても早く、事が発覚してから 40 分かそこらで空港に到着。

もし私達がタクシーで往復してたら、仮に飛行機に間に合っても搭乗時間ギリギリだったと思います。 でも大勢の方の尽力で無事 2 時間前にはチェックインできました。

ほんとうに今回は、出発の時から空港で待ち、到着してからも娘ちゃんのお目覚めを待ち続け、帰りも大ポカで空港で待ち、そして多くの人に何度も何度も助けられた旅でした。
本当に感謝の一言です。

娘ちゃん連れの初海外旅行だったわけですが、今回はバギーを持って行くかどうか出発のギリギリまで悩んで、結局は持って行きませんでした。
実際に現地では 「 持って来た方が良かったかな 」 と思う事が数回ありました。 これは予想外に娘ちゃんが短時間の動きの中で爆睡してしまって、身動きが取れないためにホテルに帰るハメになった事が多かったからです。
やっぱりこの時にバギーがあれば、娘ちゃんをバギーで寝かせておく事ができますから。 今回は短時間でホテルを往復する中、旦那さんが娘ちゃんを抱え続けて大変でした。

ただ、持って行くならバギーは超軽量のタイプ ( 2,000 円弱位なので一時は購入も考えました ) よりも、既存の zapp で足回りのしっかりしたタイプがいいだろう ・・・・ というのが、旦那さんと私の感想です。 明洞などは工事中の場所も多く、全体的に日本ほど足場は良くなかったので、軽量バギーはタイヤを取られて動かし難いと思います。

それ以外は、普段通りに娘ちゃんの体調や体力の様子を見て無理さえしなければ、 " 大人が楽しむ都市 " といったイメージの強い ( 実際に私自身がそう思ってたのと、親にも友人知人からも " 子連れで行くところじゃないんじゃないか? " 的な意見を頂いてました ) ソウルですが、十分子連れでも楽しめる都市です。

結局は子連れで遠出をする時の " 子連れであるリスクや苦労 " ってのは、行く先によって大きな違いが出るものではないのでしょう。 場所がどこであれ体調の変化に気をつけ、しっかり水分を摂らせて、体力的に無理をさせず、バランスの良い食事と規則正しい生活 ( 我が家の場合は普段からこれは怪しい ・・・・・ ) をさせ、その上で文化や習慣の違いを考慮して、危機管理を行う。
普段からしている事に普段以上に注意をするってのは、どこに旅行しても大差ないもんですね。

モチロン行き先によっては疲労感は倍増以上なんですけど。。。。 
イロイロと勉強になった今回のソウル旅行、また機会があったら是非再訪したいです。
長々とお付き合いありがとうございました!


   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Hey Ya 】  Outkast
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル
韓国滞在最後の夕食をホテルの近くで摂ることにしました。
旦那さんのご希望は 『 冷麺が食べたい 』 です。
私も冷麺は食べたい ・・・・・ でも、冷麺だけでは物足りないです。

丁度焼肉店が 3 店舗ほど並んでいたので、様子を伺ってみると流暢な日本語で呼び止められました。 「 オイシイオニクアルヨー 」 ホラホラコッチコッチ、ハヤクハヤク ・・・・ ってな感じでちょっと強引な印象もありましたけど、看板には < SINCE 1970 > の文字。
長年の実績があるお店なら ・・・・・ という思いと、正直言って他を探すのも疲れて面倒だから。

『 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 徐羅伐 ) 』



ホテルの正面から真っ直ぐ hello ap M 、Good Morning City の裏手を行く事になります。
白地の看板が目を引きます。 綺麗な佇まいのお店です。

中に入るとやはり遅い時間にも関わらず、結構な人数のお客さんで賑やかです。
声を掛けてきたオバサンが注文を聞いてくれます。 奈良で日本語の勉強をしたそうです。
先ず冷麺を注文しようとすると 「 それはダメ、冷麺はランチだけね〜 」 と言われます。

予想外の展開に驚いていると、「 お肉を注文したら冷麺も注文ダイジョウブ 」 との事。
なーんだ、と安心して 「 お肉はモチロン食べるから、冷麺もひとつお願い 」 と言うと、「 お肉がサキね 〜 」 と、あくまでもお肉を決めないとサイドメニューの注文は受け付けてくれないらしい。

すかさず、「 これがイチバンおいしい。 おすすめよ 」 と勧められたのは、味付けカルビ ( 確か 180 g くらいで 25,000 w だったかな? ) だけど、味付け豚カルビの方がお手頃。。。
悩む私たちに結構シツコク 「 こっちにした方がイイよ。 とってもおいしい 」 と、ニコニコしながらもかなり押しが強いオバサン。
それでも来韓してから豚カルビは食べてないので、やっぱり豚がイイ、と注文すると 「 豚は 2 人分から注文 」 と言われてしまった。
メニューには 1 人前 230 g ってあるから、2 人分ってーと 460 g にもなるんですけど
「 ダイジョウブ。 タレがイッパイ。 お肉、ほんのチョットね。」 とな。 こんな勧めかたってあり?



結局、注文したのは ・・・・ 『 トジェカルビ "豚味付カルビ" ( Spicy Barbecued Pork ) 230g 』 10,000 ₩  ( 約 900 円 ) × 2 、 『 ウソル "牛タン" ( OX Tongue ) 120g 』 25,000 ₩ ( 約 2,250 円 ) 、『 ヘルムパジョン "海鮮ネギチヂミ" ( Haemul-Pajeon ) 』 20,000 ₩ ( 約 1,8000 円 ) 、『 ソラバルムルレンミョン "徐羅伐水冷麺"  ( Cold noodles ) 』 5,000 ₩ ( 約 450 円 ) 、『 メシル "梅酒" ( Plum wine) 』 10,000 ₩ ( 約 900 円 ) ・・・・ 今夜は最後の夜だしホテルもすぐ目の前なので梅酒も注文。

実はこの梅酒 ( 雪中梅 Plus ) はビン 1 本 ( 385 ml ) なんですが、ちょうど昼のハナロクラブ倉洞店で同じお酒を見てました。 1 本 4,000 w ( 360 円 ) でした 。。。。 飲食店に出ると倍以上なのねー
ハナロクラブではこの梅酒の別バージョン、金箔入りの 「 雪中梅 Gold 」 1 本 5,350 w ( 481 円 ) を買いました。

注文がすむと小柄なおじさんが炭を持ってきてくれて、ほどなくお約束の小鉢・小皿 & 青物が次々と登場。 今度は若い気さくなお兄さん ( 日本語 OK ) がお肉を次々と焼いてくれました。
う、美味い 〜〜〜〜〜 っ  

かなり美味しいです。 たまらん美味です。 2 日前の景福宮も美味しかったけど、私達の口にはこちらの方があってたみたいです。
味付け豚肉の量は確かにオバサンの言う通りで、2 人分注文しても余裕でした。 牛タンの焼き具合は景福宮と同じく、私には少し焼きすぎな感。 やっぱりこれが韓国流なのでしょう。
冷麺はすごくシンプルであっさりしてるけど、キムチを入れたりして自分好みに。 ちょっと驚いたのが海鮮チヂミなんですけど、今まで食べた事がない玉子がたっぷり入ってる感じでふわふわ。 海鮮玉子焼きみたい。 味は美味しいけど、チヂミって思うと ・・・・ う" 〜〜〜 ん。 普通?のチヂミが食べたかったなぁ ( チヂミは景福宮が素晴らしく美味しかった! )

ドンドン焼かれるお肉をバクバクたいらげていると、隣の席に韓国人の常連さんらしき男性グループ登場。 "サムギョプサル" 『 豚の三枚肉 ( grilled pork belly ) 150g 』 9,000 ₩ ( 約 810 円 ) を注文。 これまた見てるととんでもなく美味しそう ・・・・・ お兄さんも 「 イチバン人気ですよ 〜 ♪ 」 とにっこり。

えぇぇぇぇぇぇぇぇえええ   
そんな事聞いたら、思わず頼んじゃうじゃないですかーーーー! って事で、思わず追加注文。 
モチロン、お兄さんはにっこりにこにこの笑顔で受けてくれました。



でも実はこの時には注文したお肉は全部焼き終わって、炭は引き上げた後だったので、注文後すぐにお兄さんは炭を持ってきてくれました。
でもどうやら炭を引き上げた後の注文は歓迎されないようで ( 大量の注文ならイイのかもしれませんが、サムギョプサル 1 人前だけだったからかも )、炭担当のおじさんが最初にお兄さんを脇に呼んで何やらお小言チックな感じ。
続いて、私達を勧誘して最初に注文を取った日本語堪能なオバサンが私達のテーブルを見てお兄さんに小声で ・・・・・ というか口パクで 「 また食べてるの?! 」 ってな咎める様な様子。

なんだかよく分からない ( 小声で韓国語だったり、韓国語で口パクだから ) けど感じ悪いなぁ 〜 と思ってたら、食べ終わる頃にオバサンがやってきて、それまでのニコニコ愛想の良さは消え ( 強引な感じはそのまま ) て、「 まだタベル? もっとタベルの? スミはオシマイ? もうイイネ! 」 と捲くし立てて炭を引き上げて行きました。 

これで完全に気ィ悪くなった私。 せっかく美味しく頂いていたのにねぇ。 これはないんちゃう? 追加注文に問題があるなら受ける前に言ってよ。 受けたらそれはそれで店の問題として客にツンケンする事ないやん

味はとってもとーーーーーっても、美味しいと思いました。
私達がいる間にも、お客さんはどんどん入れ替わり立ち代わりで、現地の常連さんもイッパイ、中には日本人の常連さん ( 日本語で例のオバサンに 「 また来ちゃったよー 」 とか話してた ) もいたりしてさすが 39 年も続く人気のお店なんですね。 値段もけっして高いとは思いませんでした。
でも、また行きたいか?って考えるとかなり疑問。

お腹はイッパイになったけど、なんだかなぁ 〜 後味の悪い夜でした。 ザンネン!


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Mixed Emotions 】  Ella Fitzgerald
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 7 : スーパー探検
ソウルで自由時間を過ごせる最後の日、本日は待望の地元スーパー探検日です  ヒャッホー ♪

向かうは 『 農協ハナロクラブ 倉洞店 』 です。 GO!GO!
この店舗の情報は 『 JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして・・・ 』 さんより頂きました。
ちなみにハナロクラブはソウル内に多店舗展開していますが、 『 ソウルナビ 』 さんで 「 農協ハナロクラブ 良才店 」 の詳しい情報が得られますよ。

こちらは地下鉄 1、4 号線が乗り入れる 倉洞 駅 ( 116、412 : Changdong ) で、ホテルの最寄り駅、東大門運動場駅から片道大人 1 人 1,000 ₩ ( 約 90 円 ) に Deposit 500 ₩ ( 約 45 円 ) 合計 1,500 ₩ ( 約 135 円 )、時間にして約 22 分。
倉洞駅の 1 番出口から徒歩で約 5 分弱 ( 高架沿いの道なので、左側を行きます ) の道程。

陽射しは厳しいですが、風の心地よい晴れた気分の良い日でした
まさに郊外の大型スーパーの佇まい。 



でも実は駅からここまでの高架沿いの道程、反対側は全くイメージの違う駅前繁華街でした。 機会があったら、あちらも探検したかったなぁ。 残念ながら写真は撮り忘れました。。。

大型店舗探索にコレは必須ですね。 ショッピングカートです。



全てキーチェーンで連結されていて、100 w コインを図の用に入れればキーは解除されます。
帰りはまたキーチェーンで連結すれば 100 w は戻ります。 私達は丁度帰る人から 「 どうぞ 〜 」 ってカートを引き継いだので、その人に直接 100 w を支払いました。
大きな手荷物は入店前にコインロッカーに預けます。 こちらも 100 w 。

朝 8 時開店で 11 時にはこの人出 ・・・・・ どうやら一昨日の明洞より人出は多いみたい



特に人が集中していたのは野菜売り場。 小売の量がハンパじゃない。

お菓子売り場のチョココーナー ( これ全部ね ) で大好きなチョコを物色する旦那さん & パパべったりの娘ちゃん。



今回の旅行で私は自分の夫が日々、チョコバーを朝な夕なに齧り付く姿を目撃。。。 

1 階には野菜類、菓子類以外の食品や飲料もありますが、調味料、日用雑貨が中心、地下に降りると生鮮食品や乳製品、キムチ、伝統菓子、オモチャ、文具、衣類、贈答品などなど。
とにかく広くて、広くて、広くて ・・・・・・ 日本のコストコの倍以上ありそう。



伝統餅菓子売り場。 どんどん餅菓子が作られてます。

あれ? これってもしかして??? 100 均っポイ感じ ・・・・・



 ・・・・・ と思ったら、やっぱり! 1,000 w 均のお店。

今回、ここでお土産を買い込むつもりだったので、山ほど買い込んでしまいました!
これ全部で ・・・・・・ 120,200 w ( 約 10,818 円 )、安いですねー



お酒 6 本 + おまけ小瓶 2 本、お菓子類山ほど ( 箱菓子 6 箱 + おまけ 1 箱 & 袋菓子 大袋 1 パック & チョコ菓子数量不明  )、味噌 2 種 ( サムジャン 大 1 パック + おまけ大 1 パック 、小 5 パック & 牛ひき肉入りコチュジャンチューブ 3 本 )、チヂミ粉 1 袋、インスタントの紅茶 2 種 ( NESTEA Plus 多分すもも味 & Damtuh Plum Tea )、ジュース 4 本、インスタント冷麺 2 種 ( + おまけ冷麺ボウル? 1 ヶ ) 、レトルトスープ 2 種 ( コリコムタン 1 パック & ユッケジャン 1 パック )、スプーン & 箸のセット 14 〜 15 セットを購入。

例えばロッテマートや世宗マートと比較した場合の価格設定は分かりませんが、日本よりは格段安いのは間違いないです。 一番大きなお酒はペットボトル入りで 1,000 w ( 約 90 円 ) でしたし、一番高いお酒金箔入り梅酒でも  5,350 w ( 481 円 ) です。
大きいサムジャンは同じものが日本の業務スーパーで 1 パック 398 円 で売ってたんですが、こちらは Buy ONE, Get One Free で 2,980 w ( 約 268 円 ) でした。

さて。 山ほどのお土産 ( 自分用も入れて ) を買い込んだのはいいけれど。 ここで浮れすぎた私達は間抜けなミスをしてしまいました。
幾つか出入口があるんですけど、自分達が入店した時とは違う出入り口から出てしまったんです。 入り口脇のロッカーに荷物は預けてあるし、荷物を入れる予定の手提げもロッカーの中 。。。。。 広大な敷地周りをカートを押して行くのは問題だし。

結局、再入店して元の出入り口に向かうのが一番なんですが、それには再入店の理由を店員さんに説明しないといけません。 レジで忙しげなお姉さん以外に近くに店員さんの姿は見えないので、出入口の脇で何かのカードの入会案内をしていたおばさんに助けを求めました。
もちろん、英単語の羅列です。 We made a mistake. Another exit. my bag in the coin-locker. We go to the subway........  こんな感じの繰り返しで、そりゃもう恥ずかしい限りですが、とにかく必死です!

カードのおばさんも最初は何やらチンプンカンプンでしたが、意思の疎通が出来た瞬間がこの単語 「 subway 」 でした。 その後は 「 地下鉄で帰りたいのね 」 「 地下鉄の入り口ね 」 ってな具合で、突然おばさんの言葉がクリアーに聞こえてきました。
我が意を得たり! ・・・・ とばかりにおばさんは私達を引き連れて中へ。 若い女性の店員さんに事態を説明してくれました。
店員さんの説明通りに地下鉄側の出口まで行くと、今度は若い男性の店員さんが待っていてくれて、レジ脇を無事通過、その後もロッカーから荷物を出して買ったものを片付けるのも手伝ってくれて、大量購入で持参の手提げに入りきらない分のレジ袋を持ってきてくれたり、カートも片付けてくれて ・・・・・ 私達のテキトー英単語は通じなかったけど、親切でにこやかで気配りもできて、しかもかなりのイケ面!( ← え? 関係ない? ) 素敵 〜

帰り道々、旦那さんと 「 みんな親切やねー。 きっと、今日の < アホな日本人観光客代表 > やで 」 とか 「 マヌケな観光客相手にイヤな顔ひとつせんと、ありがたいねー 」 なんて感謝しながら帰ったのですが、実は 『 アホでマヌケな観光客 』 の大失敗はこれで終わりではありませんでした。
あーあ。。。

ソウル最後の夜につづく 。。。。。


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Tide Is High 】 Blondie
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え
ソウル 3 日目、当初は 『 ロッテワールド 』『 COEX AQUARIUM 』 → 『 狎鴎亭で参鶏湯 & チキン! 』 の予定を立てていました。

ところが、ここ 2 日間の娘ちゃんの行動パターン ( 外出して 3 〜 4 時間以内には、昏睡か?!と、錯覚するほどの爆睡状態に突入 ) から学習して予定変更。
夏休みの激混みを予想してロッテワールドを断念しました。 COEX なら館内でバギーも借りれるし ・・・・・ と、簡単に考えて出発!( ロッテワールドでもバギーは借りられます。 )

本日は初の地下鉄乗車です。 ホテルの最寄り駅、地下鉄 2、4、5 号線が乗り入れる 東大門運動場 駅 ( 205、422、536 : Dongdaemun Stadium ) の 14 番出口がファッションビル 『 Good Morning City 』 ( "hello ap M" の左手にできた新しいファッションビル ) の前にあります。

地下鉄は地球環境、資源節約を考慮して 2009 年 5 月 1 日より導入された < 1 回用交通カード > ( 再利用可能のプラスチックカード ) が、今回私達が利用する切符となります。
こういった環境配慮と資源節約システムは、確かシンガポールの地下鉄でも導入されているはず。。。( ですよね?ゴマさん ) 素晴らしい ♪



タッチパネル式の券売機ですが、画面の下部中央にある 「 ENG 」 をタッチすれば英語表記になりますので、これまた楽チン。 利用方法は簡単なんですが、事前に目的駅の英語表記を確認していないとモタモタ探している間にタイムUP! わりと素早くスタート画面に戻ってしまいます。
詳しい利用方法は 『 ソウルナビ 』 さん ( ← クリック )が分かり易いですが、これを帰国後に知った私達 ・・・・ 手持ちのガイドブックの情報は古くて、最初少し慌てました ・・・・

今回の目的駅、地下鉄 2 号線 三成 駅 ( 219 : Samseong "World Trade Tower" ) までは片道大人 1 人 1,200 ₩ ( 約 108 円 ) に Deposit 500 ₩ ( 約 45 円 ) 合計 1,700 ₩ ( 約 153 円 ) という激安さです
この Deposit  も、改札目の前の機械で使用済みカードを挿入するとキッチリ返金されます。
三成駅は東大門運動場駅から数えて 14 駅目、約 30 分ほどで到着です。 途中で漢江を越えますが、この頃には地下鉄ではなく地上に出ています。

今回、改札を出る際に旦那さんのカードがエラー表示に。 改札の回転バーがロックされて出られなくなりました。 困った事に駅員さんの姿も見えず、別の改札機を試してもダメ。
どーすべー ・・・・・ と悩んで居る所に清掃員のおばちゃんの姿が。
旦那さんが身振り手振り&英単語の羅列でおばちゃんに助けを求めると、3 人ほどいたおばちゃんがわらわらと寄ってきて専用の鍵で改札機脇のゲートを開けて出してくれて助かりました!

三成駅の 5、6 番出口改札を出て真っ直ぐ地下道で 『 COEX MALL 』 に繋がっています。
このモールはなんせバカデカくて、なんとアジア最大級の地下ショッピングモール ( コレは現地で知りました ) なんです。 ほんと、メサメサ広いですから、ここだけで 3 日は潰せます!
なので?フロア案内板はタッチパネル式、日本語にも対応しています。
日本語のフロア MAP もありますよ。



インフォメーションでバギーが借りれます。
連絡先を書いて、パスポートを預けると貸し出してもらえます。



アクアリウムの入り口でバギーを預けて GO! 大人 1 人 15,000 ₩ ( 約 1,350 円 ) ですが、48 ヶ月未満の幼児は大人 1 人につき 1 人無料です。
この水族館は何故かコウモリやリス、タランチュラにサソリまでいる ・・・・ 面白いけど謎だわ。。。



丸太橋の上で記念撮影 〜 。 とっても可愛い壁画も思わず  パチリ



アクアリウムの中は撮影禁止が多いかと思いきや、触っちゃダメよマークは沢山みましたが、撮影禁止マークは特に目につきませんでした。 まぁイチオウ問題のなさそうな所だけで撮影しました。



お昼をとっくに過ぎてしまって、夕食にはまだまだな時間。 夕食を早める事にしたけど、あまりにもお腹が空いていたので、これまた旦那さんのご希望だったマクドに IN!
旦那さんは何だか分からないセットを注文。 私は Spicy Chicken 4 ピースパック。 娘ちゃんは 「 おなかすいてない。 たべなーい 」 と言い張るので、旦那さんのセットにミルクを付けて大好物のポテトと一緒にモグモグ。

一息ついたところで、狎鴎亭にある 『 OMEGA3参鶏湯 ( 狎鴎亭店 )』 へ向かいました。
こちらではまたまた旦那さん希望の参鶏湯と、私の熱望でバーベキューチキンを頂きました。



COEX から地下鉄で向かうには三成駅から地下鉄 2 号線 教大 駅 ( 223 : Seoul Nat'l Univ. of Education ) で乗り換えて、地下鉄 3 号線 狎鴎亭 駅 ( 336 : Apgujeong ) まで行きます。
地下鉄は 20 分強の距離ですが、狎鴎亭駅からお店までは徒歩 15 分程ありますのでここもまたタクシーで移動しました。
今回の目印はお店のはす向かいに位置するプリンセスホテル。 下車したのはプリンセスホテルの手前、スターバックスが目の前にくる五叉路。 スタバを目の前にして左を向くと ・・・・ もう、そこにある、ってな近さでした。 グリーンの看板が目を引きます。



看板の脇に地下に降りる階段があって、お店は地下 1 階になりますが、吹き抜けになっているので開放的でとっても分かり易いです。 どうやらビルの改装があったらしく、店舗脇の壁には 8 / 9 OPEN!の横断幕が掲げられていました。
ピカピカでモダンな店内は、まだ早い時間だったのでお店は貸切状態でラッキー。 ボクシングの内藤大助選手似の店員さんが物腰穏やかで親切でした。 それまでは店内の大型 TV でハリーポッターを見ていたのに、私達のために日本語番組にチャンネルを変えてくれました。

付け合せに出てきたのはキムチと胡瓜や大根の甘酢漬け、そして甘長? この甘長にサムジャンを付けて頂いたんですが、サムジャン美味しい! いや、甘長も美味しいんだけどね。もちろん。
娘ちゃんも甘長バクバクで、大丈夫かなぁ〜 ・・・・・・ と思ったら、案の定下から半分ほど食べて種に到達したらしく、「 からーーーーい  」 と顔をシカメテました。



『 オメガ 3 地鶏参鶏湯 ( オメガ 3 トジョンサムゲタン ) 』 12,000 ₩ ( 約 1,080 円 )
さっぱり味とは聞いていたけど、驚きのサッパリアサッリ 
なのに凝縮された濃厚な旨味に更にビックリ    2 〜 3 杯でも食べれそう ♪

そしてこれ! 私が何より心待ちにしたこの瞬間 〜  キャー!!



『 オーブンバーベキュー ( オーブンバベキュ ) 』 14,500 ₩ ( 約 1,305 円 )
かなーーーり濃い、塩辛い味付けでしたが、外はパリッパリッ!中はジューシーたっぷり溢れる肉汁で手も口も止まりませ〜んっ  思い出してもヨダレもんです。。。。
こちらブツギリタイプを注文したんですが、丸鶏もあります。
イチオウ?子連れママなので飲酒は避けしたが、これはビールと一緒に食べると涙もんなはず〜。

お腹をたーーーっぷり満たした頃には娘ちゃんは夢の入り口。
狎鴎亭駅まで約 15 分の道程を腹ごなしに歩こうかと話していた時、旦那さんが手持ちの地図に 「 スーパーマーケット 」 の文字を発見。 私達夫婦の共通の希望に 「 地元スーパー探検 」 があるので、駅とは逆方向だけど 1 ブロックほどなので向かってみる事にしました。

どうやらロデオ通りにあるらしいんだけど ・・・・・ さほど広くも無いロデオ通りを端まで歩いたけど目的の店らしきものは見つからず。 地図で確認した場所にはお洒落なカフェ風の建物があるだけ。
しばらく付近をうろついたけど、結局はあきらめて駅へ向かいました。 これまた帰国後に分かった事なんですが、この地図の 「 スーパーマケット 」 はどうやらお洒落なカフェ風の建物の事だったらしくて、これはカフェ & お洒落なファッション店のようでした。。。。

そんな事とは思いもしない私達は、地図を片手に狎鴎亭駅を目指していたのですが。
道中、またもや旦那さん発見のお店 ・・・・・ 焼肉店?にこれまたビックリ



何がビックリってこのメニューなんですが ・・・・・ 分かります? 上から 3、4 つ目。



Beef-sirloin Grill & Prime Beef-sirloin Grill = 暮らす致死を    

日本語表記が怪しい ・・・・・ なんて話は山ほど聞きますし、実際にチョット残念な表記もイロイロ見ましたけど、これは何でしょう? 通りすがりの日本人を驚かせて好奇心に負かせて入店させる、そんな新手の消極的な客引きでしょうか? なんてクダラナイ事を思わず考えてしまうインパクトはこの旅で最大級です。

しかしコレはどんな変換間違いで出てくるのかしら? 
ハングルを見ると、韓牛サーロインとか韓牛霜降りサーロインって英語表記と違いはなさそうなんだけど。 どなたか推理できます??
他の表記はホボ問題ない ( カルビ才とかあるけど ) だけに解せない ・・・・・。

数々の驚きを胸に私達は再び漢江を越えて "ソウルのお家" ( ← 娘ちゃん命名 ) に帰りました。


2009/09/14 追記 : お店のHP ( 韓国語 ) を見つけました。
『 ボンゴヒャンマッジプ  본고향맛집 / 本故郷(本稿香の)おいしい店? 』
住所 : ソウル市 江南区 新寺洞 613-2
電話 : 02-544-9292
営業 : 11:00 〜 24:00 ( 無休 )
言語 : 韓国語、日本語、英語

ハングルは読めないので最初は確信がなかったんですが、夜間の店舗写真やメニュー、住所を見ると間違いないです。
お店の外観もなんだか随分イメージが違うんですが、それは私の写真があんまりにもダメダメな状態だったからです。
夜間に急いでる時に携帯撮影だったもんですから・・・・って、とりあえず言い訳。

どうやら、こちらのお店は芸能人もよく訪れる有名店のようです。 HP を見ててもとっても美味しそう & とってもピカピカ素敵な店内 ・・・・・   HP から予約もできますよ。
ガイドブックサイト?『 日本人のための専門ガイドブック楽韓国です 』 さんにも紹介がありました。

どなたか、ぜひお食事に行かれた際には 「 暮らす致死を 」 の謎を解明してきて下さい 〜
( いや、解明されない方が楽しいのか?!


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Another world 】 木村カエラ
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流


本日も親バカ炸裂で、娘ちゃんのドアップから〜
朝イチ、10 時からの予約でメイクアップフォトの撮影に明洞へ行きました。

しかし撮影前に、同じく明洞のセブンイレブン明洞店で両替をする事にしました。
それにしても山ほどある両替所で、何故に明洞のセブンイレブンなのか?
それは 2009 年 8 月現在、『 ユートラベルノート 』 さんで < 2万円両替ごとに1,000ウォン追加で進呈 > なるキャンペーンを行っているから。
1,000 ₩ なのでベラボウナ違いが出るわけではありませんが、せっかく明洞に行くのですから気持ちでもお得なところで。

余談ですが、仁川国際空港のKB国民銀行・仁川国際空港支店でも両替しています。
この時は 1 万円分だけですが、こちらは 『 ソウルナビ 』 さんで < 両替手数料 30 % 優待クーポン + 8/31 迄の特別イベント + ソウルナビさんの "ソウル詳細ガイドマップの配布"> です。

このセブン明洞店は地下鉄 2 号線 乙支路入口 駅 ( 202:Euljiro 1-ga ) の 5 番出口からが近いのですが、フォトスタジオは地下鉄 4 号線 明洞 駅 ( 424:Myeongdong ) の 5 番出口から西へ向かう事になります。
二つの駅の間は直線距離で 700 m 弱かな〜・・・といったところですが、なんせ初の土地で地下鉄を利用して、繁華街の探検で迷って時間に遅れては大変!

なのでホテル前からタクシーで向かいます。
ただし 「 明洞のセブンイレブンへ行ってチョーダイ 」 なんて言っても無理があります。 それこそセブンなんて山ほどありますから。
そこで近くの分かり易い目印として、ソウル・ロイヤルホテルを選択。 地図にも大きく載ってますから  「 あんにょんはせよー。 そうる・ろいやるほてる ぷりーず。 みょんどん。 ろいやるほてるー。」 これで OK でした

運転手さんも慣れたもので、「 みょんどん。 ろいやるほてる。 ねー。ねー。」 こんな感じ 〜  
ホテル前で降りて西へ ABC マートが目印になりますので、細い道ですがそこを右折。 少し行くと左手に店がありました。 かなり小さい店舗ですが、すでに両替の列ができていました。

無事に両替を終えて、今度は来た道を戻る形でどんどん南下していきます。
先に曲がってきた ABC マート沿いの大通りを突っ切って、更に南下して明洞駅のひとつ手前の道を右折、今度は西に向かうと程なく左手にコジンマリとしたビルの小さな入口に、大きく 「 美人 」 と書かれた派手な看板が目に入ってきます。

『 フォトスタジオ美人 ( ミイン ) 』 こちらが本日のメインイベント会場です。



ビルにはエレベーターがありませんので、スタジオのある 5 階まで階段を上がります。
途中で気付いたのが、階段の踊場にトイレがアル。。。。
1 階から 2 階へ、2 階から 3 階へ、3 階から・・・・・と上がっていく中間地点、踊場にはトイレの扉ありました。 初めて見る造りでチョット面白かったです。

5 階までようやく上がり終えると、スタッフの方がにこやかに迎え出てくれました。
ご挨拶もそこそこに、お約束通り??の娘ちゃんの人見知りが大爆発
道中必死で 「 キレイなドレス着てイッパイお写真とろうねー  」 なんて洗脳して、本人も 「 いっぱーーい、どれすきて、おしゃしんとる 〜  」 って、その気になってたんですけど。
当たり前だけど 4 人も 5 人もの見知らぬ人に囲まれる事になるとは、娘ちゃんの想像の範疇外。

何着か衣装を見せて貰って、一瞬、心動かされたのが見えたので着替えの準備を始めると ・・・・・「 いらないから。 みー、おきがえしないから。 もういくからね  」 と、怯えてギコチナイながらも丁重に着替えを拒否。
ナダメスカシながらチマを着せてみたけど、今度は長い裾に躓きながらも逃走しようとしたり。

結局、撮影開始まで 15 分以上はかかったんじゃないでしょうか。
もちろん撮影が開始されても直にご機嫌なわけではなく、カメラマンさんやスタッフの皆さんは色々な小道具を出してくれたり、おやつを出してくれたりで ・・・ ドサクサ紛れにチョコレート菓子デビューした娘ちゃんです。 お蔭様で素敵な写真が満載



今回の撮影メニューは、朝 10 時から約 50 分の時間制限のあるタイムセール。
衣装 1 着 ( 自由選択 ) + アクセサリー + メイク + ヘアメイク ( 今回は娘ちゃんの撮影なのでメイク&ヘアメイクは無し )、5 種類のポーズ演出 ( 娘ちゃんが好き勝手に動き回るので 5 種類どころではないポーズ数 )、写真 2 枚 ( 13 × 18 cm 台紙付き、全撮影分から選択 )、 CD ( 5 カット ) の内容で 70,000 ₩ ( 約 6,300 円 ) でした。

そこに 8 月 31 日までのイベントで、CD ( 全撮影データ ) が 20,000 ₩ ( 約 1,800 円 ) でしたのでお願いしました。
写真は翌朝にはホテルまで届けて頂いて、更にはカメラマンさんチョイスのサービスプリントも 1 枚付けてくれました。
撮影が終わった時、娘ちゃんに 「 幸運に導いてくれるお守り 」 の巾着袋 ( 10 ₩ 硬貨 2 枚入 ) を頂きました。 ソウル旅行で最高の思い出になりました

記念撮影が終わったら次は旦那さん待望のスイーツタイムです!



『 32 パルペ 』 こちらは写真の通りロングサイズなソフトクリームの人気店。
偶然にもこちらのお店は、フォトスタジオのはす向かい。 このサイズで 1,000 ₩ ( 約 90 円 ) !

店頭にメニューは写真が大きく表示され、英語表記もありますので楽々。
旦那さんの希望で来店しましたが、旦那さんと私の好みでバニラとチョコのコンビを注文。
しっかり写真を撮りたかったけど、早く食べたくてウズウズしてる旦那さんはおざなり・・・・



娘ちゃんはこれでソフトクリームデビュー。 娘ちゃんの顔より大きいですね ー 。
味は普通に美味しいです。 店内で頂きましたが、高さを造る為か少し硬めな食感でした。



その後は明洞を散策。 目に付いたお店を探検したりしてみましたが、昨夜の東大門の人混みを見てたせいか、お昼時の明洞は意外と人が少ない印象。 みんな食事中??



看板の文字が可愛くて、思わず通りすがりに  パチリ
どうやらホルモン屋さんのようです。 
『 火爐旅行 ( ファロヨヘン ) 』  メニュー写真もとても美味しそう。 ぜひ食べてみたかった!

ホルモン料理に後ろ髪を引かれつつ、少し先の土産物店へ向かってみる。
ところがここで娘ちゃんは電池切れ。
仕方なく一端ホテルに戻る事にしたけど、その前にコンビニで飲み物を仕入れる事に。

ふと見ると旦那さんが若いお嬢さん達に囲まれている。。。。
もしや、異国の地で突然モテ男になったのか  



なーんてミラクルが起きるわけもなく。。。中学生のお嬢さん達ですが、一人が日本語の勉強中。
日本語で日本人に質問する課題があったので、旦那さんに声を掛けたそうです。
名前、仕事、訪韓の目的、日本のどこから来たか、好きな韓国スター、韓国と日本の違いは何だと思うか ・・・・ などなど。

中学生の女の子って日本も韓国もよく似てますねー。
寄り添って目配せして、小さくクスクス笑って・・・・そして突然キャーキャーと大笑い。
可愛いなぁ 〜  この賑やかさに娘ちゃんもお目覚め。
最後はお互いに写真を撮ってお別れ。 思わぬところで思わぬプチ交流ができました。

その後、また娘ちゃんもうとうとしてきたので、やっぱり一度ホテルへ戻りました。
ホテルへ戻ってから私と娘ちゃんは少しお昼寝して、夜になって食事をしに再び明洞へ。



『 景福宮 ( キョンボックン ) 』
韓国を代表する故宮と同じ名前ですが、こちらも有名な焼肉店です。

焼肉は食べたいと思って何店か事前に調べていたのですが、味の評判はモチロン、口コミとその口コミへのお店の対応を見て決めました。
実はこちらのお店は来店の 3 時間以上前に 3 人以上で予約すれば、ソウル市内に限り PICK UP のサービスがありますので、ホテルでお願いして予約の電話をして貰いました。
ところが 「 今夜はとても忙しくて PICK UP できないけど、それでも来て頂けるならタクシーで来てください。料金は店が払います」 と素晴らしく嬉しい言葉に喜んで行きました。

注文の時にも盛り合わせに追加しようかどうか悩んでいたら、「 十分にお腹いっぱいになると思いますよ 〜 」 とアドバイスを頂いて、本当に満腹満足でした。
今回注文したのは " 生肉盛り合わせ ( センコギモドゥム 1 〜 2 人前) " 65,000 ₩ ( 約 5,850 円 ) と、" ユッケ ( ユッケ 中 ) " 20,000 ₩ ( 約 1,800 円 ) と、" 牛タン ( ウソル 1 人前 ) " 20,000 ₩ ( 約 1,800 円 ) と、" コーラ " 2,000 ₩ ( 約 180 円 ) と、" 烏龍茶 " 3,000 ₩ ( 約 270 円 ) 合計で 110,000 ₩ ( 約 9,900 円 )

これにほんと山ほどの葉っぱ!( チェシャ、サンチュ、ゴマの葉、サニーレタス 他 ) と、おかず小皿も多数、前日にフードコートで食べた韓国風味噌汁 ( テンジャンチゲ )、焼きうどんっぽいもの、海鮮チヂミ ( ヘルムパジョン ) がサービスで出てきました 〜  スゴイッ!
味も十分満足しました。 タンは私の好みより若干焼き過ぎの感はありましたが、問題ではありません。 娘ちゃんも 「 はっぱとおにく 〜! おにく 〜 ! はっぱー !」 ともりもり。
チヂミも少し甘めの味のうどんも、これまた娘ちゃんの口にピッタリで大満足。
最後に出して貰った梅茶が半氷りのシャリシャリで、とーーーっても美味でした

最後にお会計でタクシー代 3,300 ₩ ( 約 297 円 ) と、JCB の割引を適用して貰って 99,500 ₩ ( 約 8,955 円 ) の支払い。
今夜も満腹満足なのでした 〜


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 春のまぼろし 】  Superfly
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪
旦那さんの希望で朝の 5 時半過ぎに出発。
自宅から中部国際空港までは下道で約 5 時間、高速なら約 3 時間。

前夜は 11 時近くまで仕事だったので、朝はもう少しゆっくり寝て 8 時頃に出発しても余裕な気がするんだけど、本人が下道で ( 気持ちの ) 余裕を持って動きたい、って言うから仕方ないです。
私は運転しない人なので、運転手の希望最優先で出発!

合間合間に娘ちゃんの放牧タイムをもうけつつ、3 時間ほど過ぎたところで下の看板を発見



『 ギロチン工場 鬼頭商店 』 さん
失礼ながら爆笑しちゃいました。 ギロチンで鬼頭さんなんて、なんて、ねぇ。。。。

帰国してからネット検索したら結構有名なようで、このインパクトある字面の写真がイッパイ
出てきました。 どうやら解体業者さんの様です。
知らない土地を走るっていると、思わぬ笑いに出会えます。

車はとっても順調に進み、予約していた駐車場には予約時より 45 分も早く到着。
空港にも 10 時半には到着しました。



出発時刻が 15 時 20 分なので早々にチェックインして空港内探検をしようと思っていた私達。
ところが大韓航空のカウンターは誰も居らず、電気も消えて真っ暗閑散。

ちょうど正面が待合のベンチが並んでたけど、私たちより先に 10 数人もの人が待っている。
空港にこんなに早く到着した事がないからよく分からないけど、こんなもんなの?
結局、職員がゾロゾロと顔を出してカウンターに明かりが点いたのが 12 時半過ぎ。
それからチェックインできるようになったのが 30 分以上経ってからでした。

娘ちゃんは待ち時間も終始ご機嫌で大ハシャギ。
「 ママー。パーパ、いくよー。 ヒコウキ  とばすよー  」
なんて大物発言を大声で叫んで走り回ってました。
飛行機では背中とお腹にクッションをあててベルトをしましたが、約 2 時間のフライトなので、一度も席を立たずに過ごせました。

実はここ数日の娘ちゃんは深夜生活に突入してまして、本日も徹夜のまま出発。
普段は車に乗ると即爆睡なんですが、やはりいつものお出掛けとは違うので車の中でもほとんど寝ませんでした。 ところが着陸まで 30 分ほどに迫ったところで電池切れ。

気圧変化で耳が痛くなったのか、無意識の中で何度も耳を触って激しくグズリながらお目覚め。
着陸途中で着席&シートベルト着用表示が出ていたけど、添乗員さんから 「 抱っこしてあげて 」 とお許しが出たので、旦那さんが抱っこ。
旦那さんの隣に座っていた韓国人の青年がとってもニコヤカに沢山話しかけてくれて、おかげでご機嫌回復したところで無事到着!

ところが到着後、何故か最初にチェックインした 20 名ほどの荷物だけ出てこない。
待てども待てども出てこない。
そのうち職員の男性が 「 *▽&=#$・・・NAGOYA!・・・・・&V?○▲ 」 なんて叫びながら走り回りだした。
すると、右からも左からも 「 NAGOYA!」 ってな単語が聞こえ出して、ほどなく荷物が出てきたけど、結局 40 分以上も荷物を待ってた事になります。
さすがにグッタリ。。。

空港には楽天トラベルで予約した 「 空港シャトル 」 のお迎えが待っていました。
娘ちゃんと荷物を抱えての大移動なので、チョット奮発して予約しておいて良かった 〜

飛行機は予定より若干早く到着したものの、荷物の引き上げに予定外の時間もかかったのでチェックインは 19 時半を過ぎてしまいました。



今回の宿泊は 「 EASTGATE Tower Hotel & Residence
東大門の一等地にできて間もないホテルです。
こちらのスタンダードダブルに宿泊。 レジデンスなのでキッチンや洗濯機もついていて、何より良かったのが室内は靴を脱ぐ仕様な事。

やっぱり何でも触ってどこでも転がり回る 2 歳児連れに、この仕様はホントに嬉しかったです



ホテルの入っているビルの正面広場では連夜 ( 多分平日は 19 時、週末は 16 時から朝 4 時まで ) 特設アトラクションでのイベントが開催。

バックに大きく 『 DISCO JUMP 』 ( ←クリックで動画が見れます ) と掲げられているコレは、ソウルでは 2009 年 8 月 5 日に設置されたばかりの観光客誘致アトラクションで、韓国内では既に 4 ヶ所の観光地に設置されて人気を呼んでるそうです。

円形の椅子に並んで座り、高速回転したり急停止したり、はたまたバウンドするのにシガミツイテ耐える遊び。

ディスコ・ジャンプと言うだけあってノリのいいサウンドと派手な照明、そして何よりDJが面白い!
何を言っているのか、まーーーーーーーったく分からないけど、低めの声と音楽リズムに合わせながらも淡々とした喋り口 ( そう聴こえる ) と、時々挟まれる 「 ふふふふ・・・・」 ってな皮肉っぽい笑い ( そう聴こえる! ) が何とも楽しくて、ついつい笑って見 ( 聴き ) 入ってしまいました。
1 回 4.000 ₩ ( 360 円位 ) モチロン外国人観光客も挑戦しています。

余興を楽しんだ後、韓国初の食事は・・・・・



旦那さんの希望の中に 「 フードコートでの食事 」 があったんですが、ラッキーな事にホテルの入っているケレスタービルの隣、東大門を代表する有名ショッピングビル 『 doota!』 7 階にフードコート 『 Vita Via 』 があったのでそこへ。

さすが眠らない街?東大門! 夜の 9 時半を過ぎているのにドンドン人が集まってきます。
フードコートも大勢の人で賑わってます! ビックリです。
メニューも充実しています。
韓国料理は当然ですが、和食もイタリアンもエスニック料理もあります。 メニューの表示は写真はモチロン、ハングルと英語がありますので大体どんな料理か分かります。

注文は食券方式と言うか、最初にレジで注文してお金を払います。
レシートには引換券が付いてきて、そこに受取窓口の表示 ( アルファベットでした ) と受付番号が記載されているので、窓口毎に設置された液晶モニターに自分の番号が表示されたら引き取りに行くシステムです。



旦那さんが食べたのは 『 Spicy pork Stirfry on the rice 』 7.000 ₩ ( 630 円位 )
一口食べてみましたけど、その後 1 時間以上は辛さが抜けませんでした。
バター飴かミルキーを持って来るべきだったと真剣に思いました。。。。

私よりはよっぽど辛いもの大好きな旦那さんも 「 人生初の辛さと旨み! 」 と大喜び。
手前の小鉢はお芋を砂糖醤油で煮付けた感じのものでした。



私が食べたのは 『 Bibinbap with assorted Vegetable 』 6.500 ₩ ( 585 円位 )
ぜーんぜん辛くはありません。 スパイシーな豚料理の辛味が口から抜けなかったので、味噌も入れませんでした。
さっぱりスープにゴマ油の風味がコクとなって、たっぷりお野菜でとってもヘルシーな一品。
とっても美味でした  

実はコレ、ディスコ・ジャンプに見とれつつも 「 おなかすいたー!」 と叫んでいた娘ちゃんの為に注文したのですが、注文直後、待ちの間に完全に電池切れになってしまい、抱っこした腕からも落ちかねない状態に。

フードコート故に??お持ち帰りもできず ( 旦那さんが拙い英単語を総動員してテイクアウトしたい旨を伝えたけれど全く通じず・・・・ ) 仕方なく隣の椅子に座らせて、私の膝元にもたれかからせる様な体勢で食事しました。

私が本来食べるつもりで注文したものはチキンの料理 『 Spicy Chiken Ribs Set 』 ( 7.500 ₩ 675 円位 ) でしたが、結局はほとんど手を付けることができませんでした。
大変もったいなく、申し訳ない事をしました。

味としてはチキンもとっても辛かったけれど、ポークほどではありませんでした。
ポークよりも少し酸味が強かったです。 セットで味噌汁が付いていましたが、これも酸味がある赤出汁という感じでした。
途中、この味噌汁をビビンバにかけてみたんですが、これが私としては大当たり!
二度美味しい感じでしたが、酸味のある味噌汁は旦那さんにはかなり抵抗があるようでした。

この食事で感じた事は、フードコートといってもとっても美味しい!って事です。
娘ちゃんを連れて外出すると手軽なので、フードコートの利用率は高いんですが、日本のフードコートでは 「 美味しい〜♪ また食べたい〜♪ 」 食事にはなかなか出会えません。
でもここで食べた料理はとても美味しかった。
自ずと街での食事への期待が高まるってもんです。

そうそう。 娘ちゃんはこの後、ホテルの前・・・・・かのディスコ・ジャンプの前でご機嫌にお目覚め。
部屋に戻ったところで持参したレトルトの幼児食をガッツリ平らげました。
持って来て良かった・・・・・。


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 恋する瞳は美しい 】 Superfly
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(2) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度?


びみょーに引きつった笑顔?になってますが、パスポートセンター近くの写真コーナーで撮影してもらった娘ちゃんの写真。
コレが娘ちゃんの公式写真?になりました。

半額クーポン利用、1 ポーズ 2 カットで 630 円。 充分です。

右はパスポート引換書です。
本日引き換えてきました。 最新の IC パスポートです。
こちらは 12 才以下は 5 年ものオンリーで 6.000 円。

しかし、5 年後は旦那さんも私も一緒にパスポートが切れるので、3 人分の更新はかなり出費がカサミますねー・・・


血液型判定もしてきました!
B 型の父 ( 両親は O × B ) と O型の母 ( 両親は O × O ) の娘ちゃんは B 型でした。

旦那さん曰く 「 やっぱり 」 です。 

この血液型判定は出産時の病院ではなく、ロタで入院 ( ロタウイルス感染 : 07/03/24 ) した時から罹り付けになってる総合病院でお願いしました。

これまでの恐怖心がよみがえって、待合に入った瞬間から落ち着かない娘ちゃん。 先ず、診察室に入ると ・・・・

「 はいらないっ! 」

私が先生と話している間も ・・・・

「 かえるのーっ! なにもしないっ!!

叫び続け。 処置室の扉が開いた瞬間には ・・・・

「 いやーーーーっ!! たすけてーっ!!  」


こちらの病院、親は処置室の外で待ってなきゃいけないんです。
ものの 2 分もかかっていないんですが、その間、待合にも響き渡る大絶叫で 「 いやーっ! パパーッ!ママーッ! たすけてーっ!!」 と聴こえてきて、最後の方ではかすれ声になりながらも助けを求めていました。

万が一の時の為にも調べておこう、と思って連れてきたものの。
やはり絶叫を聞いていると切なくて少し後悔 ・・・・ 
せめて抱っこしててあげたい、と思う事しきり。

それでも採血後、しばらく旦那さんと交代でしっかり抱っこして 「 えらかったねー。 よく頑張ったねー 」 なんてメイッパイ褒めてあげて、結果待ちの 1 時間にパスポートを受け取るべく車に乗ると ・・・・

「 みー、いやーっいってねー。 いっぱいないたねー。 いっぱいないてねー、しーるはってもらったねー  」

なんて採血痕のテープ留めを見せて、一生懸命に状況説明をしてくれました。
親が処置中に側に居られないのは、やはりその方がイイのかもしれません。

この血液型判定は実費なので 3.150 円。


後はスーツケースとこまごました物を少し購入するくらいなので、日を気にして慌てる必要も無いかな。
それでも娘ちゃんの携帯品は早めに書き出してダブルチェック、トリプルチェックかけなきゃ〜


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Skye Barbecue: The Sound of Mull/The Skye Barbecue 】  fiddlers bid
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(4) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい?


ケナゲにも必死に笑いをこらえる娘ちゃん。。。

海外に行くならば、娘ちゃんにもパスポートが必要なのよねー。
ってな事で写真撮影を試みるもアエナク ・・・・ というか、当然?挫折。
カメラを見たら 「 にーっこり  」 するもんだと、身体に染み付いてる幼児相手に 「 動かないで。 じーっとして。 笑っちゃダメよー 」 なんて無理もいいとこですね。

さて。 写真屋さんではちゃんと撮影できるのかしら?


旦那さんの鶴の一声 ( 爆弾発言ともいう ) によって海外旅行を決めました。
でも。 一体、どこに???

ハワイに行きたくてNWでマイルを貯めてますが、かき集めても 3 人分の往復には足りません。
だって旦那さんってば 「 ハワイに行くなら往復ファーストじゃなきゃイヤ 」 とか ホザク ・・・・  ヌカス  ・・・・ オッシャッイマシタもの。
気持ちは分かるんだけどねー

なのでハワイは

では他には?
私はもう一度オーストラリアに行きたい、とか。 友人 ( 
戦う女がやってきた。 : 2004/07/06 ) に会いに行きたいなぁ ・・・・ なんて事も思うのですが、ハワイにすら行けないのですから、まず

現実的なところでアジア圏 & グアム ・ サイパン辺りかな 〜 っと。
ところがやっぱり。 マイルで ・・・・ って考えると、なかなかムズカシイ。
なんと。 行く事ができても帰れない。。。
帰りの便の方が圧倒的に空席が無い。 まさに 「 行きはよいよい ・・・・・ 」 です。

根本的に考え方をかえるしかありません。
マイルを使う旅ではなくて、貯める旅に方向転換です。
予算の問題もありますが、これで少しは選択の幅が広がりました。

そこで旦那さんの目に付いたのが韓国。
正直、私にはイマイチ意欲の湧かないところ。
韓流に乗り損ねた私の貧困なイメージの中では、焼肉 & 辛い料理のメッカ、南大門 & 東大門とか激人混みの市場、英語どころじゃなく分からない言葉、可愛いチョゴリ、ロッテワールド ・・・・ こんな感じ。
旦那さんとふたり旅ならまだしも、娘ちゃん連れで大丈夫なん??!

ついつい、再度禁断のかの地への誘惑がムクムクと頭をモタケデきます。
が。 モチロン旦那さんには通じません。
「 食事は何とかなると思うけど、最悪の事を考えて全食分インスタントを持って、市場みたいな人混みは俺がズーーーット抱っこしてるから。 後はどの国に行っても一緒でしょ? 」 ここまで言われちゃあね。。。

気を取り直して韓国行きを計画。

  結果   ☆4 泊 5 日 ソウルの旅決定! しかも中部国際空港発!!
        ☆航空券 & 空港利用料 & 海外諸税 ( 燃油代含む ) & 手数料
           合計 120.295 円
             ( 3 名分、空港利用料以外は大人子供同額 )
        ☆宿泊 4 泊 5 日 / ダブルルーム 1 室 幼児添い寝無料
           合計  41.932 円         

関空発にしなかったのは 3 泊 4 日で 1 名あたり 2 万円近くも高くなるから。
出発時間は関空でもセントレアでもほぼ同じ、午後発の夕方着。 それならセントレアまで行く時間は余裕だし、高速代 & 駐車場代を考えてもとっても割安でした。

そうそう。 駐車場と言えば、空港の駐車場ではなく近隣の民間駐車場を利用する事にしました。
これって駐車場に車を預けたら空港まで送迎して貰えるんだけど、ここで思ってもみなかった事に 「 チャイルドシートの設置が送迎車にはできないから 」 ってな理由で利用を断られてしまいました。

何件か問い合わせて 「 チャイルドシートが無くてもよければ 」 って駐車場はみつかったけど、うーん。 盲点だったわ。。。


さて。 行き先も決定したし、イロイロ準備しなきゃ。
まずは娘ちゃんのパスポートのために戸籍謄本を宮崎から取り寄せなきゃ〜。
それとこの機会に血液型判定 ( 
タイプ B × タイプ O  : 2009/05/03 ) もしておこうっと!


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 上を向いて歩こう 】  桑田佳祐
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(2) | trackbacks(0) | あらら。 |
summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?!


ご近所マンション付属のプチ公園。 ひたすらシャボンを吹く娘ちゃん。
この丸い遊具、名前はなんていうのかな? 回旋塔?ってのは傘みたいな形のやつよね?
カレコレ 30 数年前・・・・私が公園三昧の頃からあるけど、今は下を完全に固定されて動かない。
昔はポールを軸に回転させてる事ができたんだよねー。
ドンドン加速させて外にぶら下ったり、中に飛び込んだり・・・・遠心力を体感できて楽しかったのになー。
事故が何度も起きて撤去されたり、ここみたいに固定されたり。 イロイロな意味で残念。


さて。 危険で禁断の遊具・・・・ではなくて、私にとって禁断の地。
それは関東方面にあるネズミーランド・・・・もとい、ディズニーランドなのだ!!

今年 25 周年だかのかの地に、私は一度も行った事がありません。
過去に数度・・・・少なくとも 6 回はランド行きを計画するも、なんと全て計画倒れ! 
大体が格安ツアー計画だったけど予定日の空きが人数分なかったり、まさかの最少催行人員割れやら同行者の突然のキャンセルやら何やらで・・・・。

友達からは 「 あんたとは絶対行けないから、もぅ計画しない!」 って宣言されたほど・・・

まぁ、ここ数年は極端に休みの少ない旦那さんとの暮らしや、娘ちゃんが生まれたり、身内の不幸事が重なって僅かな連休も帰省が続いたり、なんやかんやですっかり存在を忘れていたかの地でした。
そして昨年末頃から、「 来年の夏は家族水入らずで過ごすのもイイね〜 」 なんて話が出ていました。

旦那さんと折を見て話してはいたのですが、我が家の場合、帰省以外の遠出に関しては基本的に私が幾つかの基本プランを提案して協議の上、選択したプランを更に数パターンに私が加工修正して、その中からメインプランを選んで私が微調整をかける・・・って感じです。

この夏はもう幾つか出費の予定もあるので、私が計上した予算は 10 〜 15 万。
日程は 2 ヶ月前くらいまで決定しないので、テキトーな当りをつけて 8 月 13 〜 16 日。
この設定で計画を練りだしたのが、4 月の初めでした。

マイルが幾らか溜まっているので、海外にも行きたいけど日程があやふやな段階での予約は無理です。
それに当りをつけた日取りではほとんど席がありません。
海外は一時保留で国内なら?
北海道や沖縄は一度は行ってみたい所ですが、ここでモチロン思い出したのが例の禁断の地。。。

娘ちゃん、ミミ ( ミニー ) ちゃん大好きだし。 イイんでないかい?  ムフ

初めて真剣にランド周辺のホテルを調べました。
思ったより安くオフィシャルホテルがあったので、予約してみました。
ここなら往復は車なので、多少荷物が膨らんでも大丈夫。
2 才児を連れてのお盆 ( 炎天下&人混み ) は心配な面もありますが、イロイロな方の体験談を読む限りでは、欲張りすぎなければなんとか乗り切れそうです。

ここまできてニワカニ現実味が沸いてきました。
もしかして。 もしかして。 25 年目にして禁断の地クリアー??!

他にも北海道は函館と旭川動物園、沖縄美ら海水族館、環境水族館アクアマリン福島の 4 つのプランを練っておいたのが 5 月半ばの事でした。

そして 6 月に入ってすぐ、旦那さんのお休みが決まりました。
8 月 12 〜 17 日の 6 連休 ・・・・ といっても、17 日には仕込みをするので実際には 16 日までのお休みです。

その頃には各方面、飛行機の値段も出揃っていて、やはり飛行機利用は高いな〜・・・なんて事もあって私の頭はマスマスかの地へと傾いていました。

ところが。 そこに旦那さんの一言。


「 俺は北海道より沖縄より、国内のどこよりも海外に行きたいかな 」 

 


かくして。
私の禁断の地は 25 周年を迎えてもまだ、禁断の地のままなのでした。 


では一体、この夏をどこで過ごすのか?!
続きはまた後日・・・・・。


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )


本日のBGM : 【 On the Radio 】  Donna Summer
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(2) | trackbacks(0) | あらら。 |
旅のハジマリ


GW が始まりましたね。
世間様は大型連休が主流?とか。
まぁ。我が家には GW なんて一切関係ありませんが、それはそれ毎度の事なので・・・・

でも今年はまさにこの GW 中に法要があるので、私は娘ちゃんを連れて静岡行きです。
お仕事の旦那さんはお留守番。

当初の計画では 4 日の深夜に静岡へ向けて車で出発、6 日晩に帰宅の予定でしたが、例の ETC 割りの影響を考慮して往路は3 日の深夜に発、復路は 6 日深夜発とする事になりました。
という事は帰宅予定は 7 日なのね。

当初の 2 泊 3 日 ( 内、車中 1 泊 ) の予定が 4 泊 5 日 ( 内、車中 2 泊 ) に。
まさに倍増ですね。。。 

こうなってくると何かと荷物が膨らむのが娘ちゃん。

日々の着替えに予備の服、念のための防寒着、万が一の医薬品に・・・・と、まだまだオムツ。
愚図った時のためにお気に入りのオモチャと本を持って。。。
ずいぶん歩くようになったし、じーじ&ばーばが同行するのでバギーは要らないかな。

そんな事を考えながら、私が旅行準備の最初にするのが写真の様な必要品一覧作り。
写真は去年の夏の物です。
主にイメージして書き出すのは服で、余白に薬の名前だとか冷えピタだとかオムツの数だとか、そういったものを書き込んでいきます。

学生の頃からかな、数泊に及ぶ外出時にはこんなものを描いていました。
なんというか、これでようやく旅のスタートな気持ちになるんですね。

出発まで後 1 週間、娘ちゃんの妨害に耐え忍び?ながら旅がはじまります



本日のBGM : 【 コーヒー・ルンバ 】  桑田 佳祐
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(2) | trackbacks(0) | あらら。 |