t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< ハンバーグのレシピ? | main | フードフェスタ 2004 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
通告
補修が完了していない現在、施工会社のM氏と水栓製造会社のT氏は
保険の関係で示談書にサインして欲しい・・・・と言ってきました。

なるほど。なるほど。
全ての補修費用を保険で賄う予定の水栓製造会社としては、
一日も早く旦那さんのサインが必要なようです。

1ヶ月前なら。

私の不満はともかく、旦那さんはきっと直ぐにサインをしたでしょう。

しかし。今日は既に10月。
補修工事は9月5日に完了したハズなのに・・・。

補修の補修。補修の補修の補修・・・・
なーーーーんてフザケタ話がエンエン続けば、示談書にサインする気なんて無くなりますとも。

しかし、ひとまず示談書の内容を確認。
<1>水栓製造会社にて製造の水栓不良により起こった損害に対して補修を行う
<2>補修完了を確認後、水栓製造会社には今後一切の責任の追及および
    補償の要求をしない。

とかなんとか・・・・概ねそんなような内容が記されていました。
よくある形ですね。はい。

ここでも、まず導入は旦那さんから。
ですが、既に 私の口の方が良くマワル 事をご存知のM氏&T氏。
視線は少しずつ私に。結局私が・・・・。

「結局、補修するからイイだろう。
補修したからそれでイイだろう・・・・って事ですかね?
補修するのは当たり前ですよね?」

まぁ。他にもイロイロ話しましたが、概ねこんな感じ。

そんなわけで、この示談書にはサインできません、としてお引取り頂きました。
「また出直します」との事でしたが、いつになるかは未定。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/227