t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 気持ちのカタチ? | main | 最悪の巾木。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
延長戦突入。
結婚記念、7ヶ月〜
わ〜い♪


さて。
水害写真のデータがCD-ROMに焼かれていなかった件は、きっと多分、
何かの手違いでしょう。
だって。フィルム写真のプリントはちゃんと頂いてるし。

激しく間抜けだとは思うけど・・・・・

それよりなにより、謝罪の件。
結局は謝罪されても我が家の状況はなんら変化ないんですよね。
当たり前っちゃー、当たり前なんですが。

我が家は床下浸水したし、改修工事の後の補修の補修の補修の・・・・なんて
未だに続いているわけだし。

では、私たちに必要なものは何か。

それはやっぱり、≪ 安心 ≫しかないんですねー。

水害なんてあると、やっぱりカビが怖いじゃないですか。
私は喘息もちだし、夫婦揃って皮膚は弱いし。
いずれ子供を持つことを考えると、さらに怖いですよ。

今までの対応に不満も怒りも残ってますが、それはこの家に本当に
安心する事ができたら、時間と共に薄れていくものです。

そんなわけで、≪ 安心 ≫を要求することにしました。

しか〜し。
何がどうなっていれば安心と言えるのか、私たち夫婦は素人。
縦のものを横にされてても、分かりようもありません。

そんなわけでプロに依頼する事に。
ネット検索で、住宅建築トラブルのプロ発見。早速、連絡してみる。

さすがですね。
私たちの現状に、丁寧なアドバイスを頂いた上にこんなご忠告まで。

『相手の印象や謝罪の言葉と、本当の意味での反省・謝罪に基づくしっかりとした
補修、保全を実施する事とは直接関係性はありませんよ』

ごもっとも!!

検査の予約を取るべく日程の確認。その後、施工会社のM氏に電話しました。
検査の立ち会いに、検査員への解説、検査費用の負担を要求しました。

検査は来月行われます。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/235