t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< さぷらいず♪ | main | 最後通告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
プロ登場!
♪今日は何の日?うっふ〜〜ん♪(←お昼にたまに聞くなぁ)

「今日は、住宅建築トラブルのプロに点検して貰う日です」

改修工事後の補修の補修の補修・・・・なんて事が続いているので、細かい問題はモチロン
山盛りのテンコ盛りなのですが、とりあえずは、デッカイ問題から点検して頂きました。

「最悪」と称された巾木と、立て付けの悪くなった引き戸、引き戸レールに向けて
競り上がってしまったフローリングが中心です。
検査の前に被害状況の写真と、写真だけの改修工事報告書をみて頂きました。

そして、検査の結果。
キャビネットへの冤罪が立証され、巾木は巾木自身が悪く、約 7mm 程度のズレが
生じている事、引き戸レールは急ごしらえで、素材の乾燥が十分ではなかった為に
中心部に向かって湾曲して盛り上がってしまっている事、その湾曲がフローリングを
引っぱり上げてしまっている事が判明。

なにもかも、 突貫工事における弊害と、職人の腕の悪さが原因 でした。

検査は全て施工会社のM氏と、水栓会社の I 次長(T氏は担当を外されたのかな??)の
前で行われ、確認されました。

そして、フローリングが数箇所<床鳴り>を起している(数年内に亀裂の原因になる)とか、
改修工事報告書の再作成要請など、テキパキと進んでいきます。

結果として。
住宅建築トラブルのプロの目から見て、「問題は多々あるけど施工会社としては良心的に
対応していると思うので、安心して良いと思う。
ただ、素人目には分かり難い、説明がし難い問題点の指摘がなかなかできないので、
やはりこういった場を設けたのは賢明でした。」
そんなお言葉を頂いて、本日はお開きです。

早ければ年内には、2日間での工事が行われます。

JUGEMテーマ:生活安全
 
| 地上11階の床下浸水 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/240