t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< イロイロまとめて・・・ | main | summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪
旦那さんの希望で朝の 5 時半過ぎに出発。
自宅から中部国際空港までは下道で約 5 時間、高速なら約 3 時間。

前夜は 11 時近くまで仕事だったので、朝はもう少しゆっくり寝て 8 時頃に出発しても余裕な気がするんだけど、本人が下道で ( 気持ちの ) 余裕を持って動きたい、って言うから仕方ないです。
私は運転しない人なので、運転手の希望最優先で出発!

合間合間に娘ちゃんの放牧タイムをもうけつつ、3 時間ほど過ぎたところで下の看板を発見



『 ギロチン工場 鬼頭商店 』 さん
失礼ながら爆笑しちゃいました。 ギロチンで鬼頭さんなんて、なんて、ねぇ。。。。

帰国してからネット検索したら結構有名なようで、このインパクトある字面の写真がイッパイ
出てきました。 どうやら解体業者さんの様です。
知らない土地を走るっていると、思わぬ笑いに出会えます。

車はとっても順調に進み、予約していた駐車場には予約時より 45 分も早く到着。
空港にも 10 時半には到着しました。



出発時刻が 15 時 20 分なので早々にチェックインして空港内探検をしようと思っていた私達。
ところが大韓航空のカウンターは誰も居らず、電気も消えて真っ暗閑散。

ちょうど正面が待合のベンチが並んでたけど、私たちより先に 10 数人もの人が待っている。
空港にこんなに早く到着した事がないからよく分からないけど、こんなもんなの?
結局、職員がゾロゾロと顔を出してカウンターに明かりが点いたのが 12 時半過ぎ。
それからチェックインできるようになったのが 30 分以上経ってからでした。

娘ちゃんは待ち時間も終始ご機嫌で大ハシャギ。
「 ママー。パーパ、いくよー。 ヒコウキ  とばすよー  」
なんて大物発言を大声で叫んで走り回ってました。
飛行機では背中とお腹にクッションをあててベルトをしましたが、約 2 時間のフライトなので、一度も席を立たずに過ごせました。

実はここ数日の娘ちゃんは深夜生活に突入してまして、本日も徹夜のまま出発。
普段は車に乗ると即爆睡なんですが、やはりいつものお出掛けとは違うので車の中でもほとんど寝ませんでした。 ところが着陸まで 30 分ほどに迫ったところで電池切れ。

気圧変化で耳が痛くなったのか、無意識の中で何度も耳を触って激しくグズリながらお目覚め。
着陸途中で着席&シートベルト着用表示が出ていたけど、添乗員さんから 「 抱っこしてあげて 」 とお許しが出たので、旦那さんが抱っこ。
旦那さんの隣に座っていた韓国人の青年がとってもニコヤカに沢山話しかけてくれて、おかげでご機嫌回復したところで無事到着!

ところが到着後、何故か最初にチェックインした 20 名ほどの荷物だけ出てこない。
待てども待てども出てこない。
そのうち職員の男性が 「 *▽&=#$・・・NAGOYA!・・・・・&V?○▲ 」 なんて叫びながら走り回りだした。
すると、右からも左からも 「 NAGOYA!」 ってな単語が聞こえ出して、ほどなく荷物が出てきたけど、結局 40 分以上も荷物を待ってた事になります。
さすがにグッタリ。。。

空港には楽天トラベルで予約した 「 空港シャトル 」 のお迎えが待っていました。
娘ちゃんと荷物を抱えての大移動なので、チョット奮発して予約しておいて良かった 〜

飛行機は予定より若干早く到着したものの、荷物の引き上げに予定外の時間もかかったのでチェックインは 19 時半を過ぎてしまいました。



今回の宿泊は 「 EASTGATE Tower Hotel & Residence
東大門の一等地にできて間もないホテルです。
こちらのスタンダードダブルに宿泊。 レジデンスなのでキッチンや洗濯機もついていて、何より良かったのが室内は靴を脱ぐ仕様な事。

やっぱり何でも触ってどこでも転がり回る 2 歳児連れに、この仕様はホントに嬉しかったです



ホテルの入っているビルの正面広場では連夜 ( 多分平日は 19 時、週末は 16 時から朝 4 時まで ) 特設アトラクションでのイベントが開催。

バックに大きく 『 DISCO JUMP 』 ( ←クリックで動画が見れます ) と掲げられているコレは、ソウルでは 2009 年 8 月 5 日に設置されたばかりの観光客誘致アトラクションで、韓国内では既に 4 ヶ所の観光地に設置されて人気を呼んでるそうです。

円形の椅子に並んで座り、高速回転したり急停止したり、はたまたバウンドするのにシガミツイテ耐える遊び。

ディスコ・ジャンプと言うだけあってノリのいいサウンドと派手な照明、そして何よりDJが面白い!
何を言っているのか、まーーーーーーーったく分からないけど、低めの声と音楽リズムに合わせながらも淡々とした喋り口 ( そう聴こえる ) と、時々挟まれる 「 ふふふふ・・・・」 ってな皮肉っぽい笑い ( そう聴こえる! ) が何とも楽しくて、ついつい笑って見 ( 聴き ) 入ってしまいました。
1 回 4.000 ₩ ( 360 円位 ) モチロン外国人観光客も挑戦しています。

余興を楽しんだ後、韓国初の食事は・・・・・



旦那さんの希望の中に 「 フードコートでの食事 」 があったんですが、ラッキーな事にホテルの入っているケレスタービルの隣、東大門を代表する有名ショッピングビル 『 doota!』 7 階にフードコート 『 Vita Via 』 があったのでそこへ。

さすが眠らない街?東大門! 夜の 9 時半を過ぎているのにドンドン人が集まってきます。
フードコートも大勢の人で賑わってます! ビックリです。
メニューも充実しています。
韓国料理は当然ですが、和食もイタリアンもエスニック料理もあります。 メニューの表示は写真はモチロン、ハングルと英語がありますので大体どんな料理か分かります。

注文は食券方式と言うか、最初にレジで注文してお金を払います。
レシートには引換券が付いてきて、そこに受取窓口の表示 ( アルファベットでした ) と受付番号が記載されているので、窓口毎に設置された液晶モニターに自分の番号が表示されたら引き取りに行くシステムです。



旦那さんが食べたのは 『 Spicy pork Stirfry on the rice 』 7.000 ₩ ( 630 円位 )
一口食べてみましたけど、その後 1 時間以上は辛さが抜けませんでした。
バター飴かミルキーを持って来るべきだったと真剣に思いました。。。。

私よりはよっぽど辛いもの大好きな旦那さんも 「 人生初の辛さと旨み! 」 と大喜び。
手前の小鉢はお芋を砂糖醤油で煮付けた感じのものでした。



私が食べたのは 『 Bibinbap with assorted Vegetable 』 6.500 ₩ ( 585 円位 )
ぜーんぜん辛くはありません。 スパイシーな豚料理の辛味が口から抜けなかったので、味噌も入れませんでした。
さっぱりスープにゴマ油の風味がコクとなって、たっぷりお野菜でとってもヘルシーな一品。
とっても美味でした  

実はコレ、ディスコ・ジャンプに見とれつつも 「 おなかすいたー!」 と叫んでいた娘ちゃんの為に注文したのですが、注文直後、待ちの間に完全に電池切れになってしまい、抱っこした腕からも落ちかねない状態に。

フードコート故に??お持ち帰りもできず ( 旦那さんが拙い英単語を総動員してテイクアウトしたい旨を伝えたけれど全く通じず・・・・ ) 仕方なく隣の椅子に座らせて、私の膝元にもたれかからせる様な体勢で食事しました。

私が本来食べるつもりで注文したものはチキンの料理 『 Spicy Chiken Ribs Set 』 ( 7.500 ₩ 675 円位 ) でしたが、結局はほとんど手を付けることができませんでした。
大変もったいなく、申し訳ない事をしました。

味としてはチキンもとっても辛かったけれど、ポークほどではありませんでした。
ポークよりも少し酸味が強かったです。 セットで味噌汁が付いていましたが、これも酸味がある赤出汁という感じでした。
途中、この味噌汁をビビンバにかけてみたんですが、これが私としては大当たり!
二度美味しい感じでしたが、酸味のある味噌汁は旦那さんにはかなり抵抗があるようでした。

この食事で感じた事は、フードコートといってもとっても美味しい!って事です。
娘ちゃんを連れて外出すると手軽なので、フードコートの利用率は高いんですが、日本のフードコートでは 「 美味しい〜♪ また食べたい〜♪ 」 食事にはなかなか出会えません。
でもここで食べた料理はとても美味しかった。
自ずと街での食事への期待が高まるってもんです。

そうそう。 娘ちゃんはこの後、ホテルの前・・・・・かのディスコ・ジャンプの前でご機嫌にお目覚め。
部屋に戻ったところで持参したレトルトの幼児食をガッツリ平らげました。
持って来て良かった・・・・・。


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 恋する瞳は美しい 】 Superfly
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(2) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |
みいちゃん。
ただいまです。楽しくもグッタリ疲れた旅でした。
セントレア発だと一人頭2万円近くも安くなるんです。
3人で6万円・・・・。

関空に行くにも1時間半〜2時間はかかるので、アナドリガタシです。
| あらら。 | 2009/08/22 2:26 AM |

おかえりなさーい!
楽しい夏休み、とってもうらやましいです。

でも、なぜセントレア?
| みいちゃん | 2009/08/22 12:08 AM |










http://tent-tent.jugem.jp/trackback/273