t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 暮らす致死を ・・・ 追加情報 | main | 年齢声? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅


帰国の朝です。 9 時には楽天トラベルで予約した 「 空港シャトル 」 のお迎えが来ます。
6 時半に起床して、旦那さんと娘ちゃんはホテルの朝食に。 私は朝食はパスして、最後のパッキングを開始。 なんせ、買い込んだお土産にはインスタント袋麺のセットが2セットだとか、スナック菓子の大袋パックなんてのがあって、これが軽いけどガサがある上に割れやすいもんだから、液体荷物同様にパッキングに難儀しました。 キムチも液体扱いだし ・・・・・ 。
土産物も考えて買わないと、こんな苦労するのねー。

ナントカカントカ荷物を押し込んで、帰り支度が整ったのが 9 時目前。 チェックアウトを済ませると、当たり前だけど既にお迎えの車は到着していました。
時間には余裕があるはずなんだけど、何だか慌しい気分のままで娘ちゃんの写真をパチリ!

できれば背の高い若い男性ベルマン ( かな? ) にはとてもお世話になっていたので、記念に娘ちゃんとの写真を撮って貰いたかったけど、とても忙しそうだったので断念。
このベルマン君、日本語がとっても堪能で職業柄?フットワークも軽く、機転も気配りもきく超お助けマン。 そしてなかなかのハンサム君

実は前日のスーパー探検から戻るタクシーでかなりボラレタ私達。
請求金額なんと 15,500 w ( 約 1,395 円 )!! これって韓国ではかなりスゴイ金額です。

この数日間利用した中で一番高く請求されたのが、9,700 w ( 約 873 円 ) 位だったけど、これは料金の高い模範タクシー ( 初乗り 4,500 w / 3 km ) に乗ってしまった上に、このタクシーはホテルが分からなくて < FREE INTERPRETATION > 無料通訳 ( 携帯電話で無料通訳してくれるので、とっても便利! 私達が利用したタクシーでは全て車内に大きくこの無料通訳案内の吸ってカーを貼っていました ) に教えて貰ったのにも関わらず、" イーストゲートタワーホテル " を、" 東大門ホテル " と間違えたから

この時は間違ってるのは運転手さんも認めてたし、その後私達のホテルまで戻るのにもメーターは動きっぱなしだったから、当然、9,700 w もの支払いは拒否しました。
で、ホテルの隣のファッションビル " doota! " の前を通り過ぎた時に 7,000 w 位だったので、価格交渉して 7,000 w だけ支払いました。
なんでだろー。 こういう時って、相手は韓国語だし、私はとっても怪しいカタコト英単語なのに結構スムーズに意思疎通ができてしまうのね。 不思議 ・・・・・・。

で。話は戻って、スーパー帰りのボラレタクシー ( こちらは断然お安い " 一般タクシー " 初乗り 2,400w / 2 km でした ) なんですが、私達は当然道も知らないし、結構な距離を走ったのは事実なので仕方ないかな 〜 とは思いつつも、一度ナビの案内をスルーして道を変えてたのも少し気にはなってました。 ( これまた余談ですが、滞在中に利用したタクシー全てナビ搭載車でした。 しかもナビのデータは TAXI 専用! )
ただスーパーで大量買い物の後だったので現金が足りず、私がホテルのフロントで両替している間に、私達が何も言わないのにベルマン君はタクシーの運転手さんに 「 なんでこんな高額料金になっているのか? 料金は適正なのか? ぼったくってないか? 」 などなど話してくれた上に、値下げ交渉までしてくれて彼のおかげで 15,500 w が 14,700 w ( 約 1,323 円 ) と、気持ちだけですがまけて貰いました。 この写真がその時のレシート。。。



金額の大小ではなく、この気配りがすごく嬉しいじゃないですか。
まぁ。 ほかにもイロイロありまして、このベルマン君にはとってもお世話になっていたのです。

写真は断念して名残惜しくも空港に向かう私達。 ラッシュ時には空港まで 1 時間半くらいかかるそうですが、日曜日だったからかとっても順調に進んで 40 分ほど経過 ・・・・ 到着まで後 10 分かそこら、余裕があるから少しは空港探検できるかなー、なんてのんびりしだしたところで旦那さんが重大な事を思い出しました。

フロントのセキュリティー BOX に預けた荷物を回収してない!!  

はい。 おまぬけを突き抜けて  おばか  いえ、" おおばか " 確定です。。。。
BOX の中には E チケットと車や家の鍵が入ってました。
あまりといえばあまりの事態に軽くパニックになった私達を助けてくれたのが、空港タクシーの運転手さんでした。
ホテルに電話をして、私達の車がホテルに引き返すより早いから、と何とかホテルの人に BOX の中身を空港まで持ってきて貰える様にお願いしてくれました。

結局、ホテルも忙しい時間帯で人手もないので、ホテルがタクシーを手配してくれてタクシーで BOX の中身だけ届けて貰う事に。 荷物を受け取ったら BOX の鍵を運転手さんに渡して往復分のタクシー料金を支払う事で手配をして貰いました。
この時も、タクシーの手配が整ったとか、往復の料金は 140,000 w ( 約 12,600 円  ) なので、それ以上はもし請求されても払わないでくださいね。。。。なんて細かいやり取りは例のベルマン君がしてくれました。
それ以外にタクシーの運転手さんとの進捗状況なんかのやり取りや、引継ぎ ( 結局、空港まで配達してくれるタクシーと、ホテルに鍵を届けてくれるタクシーは別になったので無線で状況確認してくれて結果助かりました ) なんかの段取りは全部、空港タクシーの運転手さんがしてくれました。
二人には感謝してもしきれません。
荷物を乗せたタクシーは実際とっても早く、事が発覚してから 40 分かそこらで空港に到着。

もし私達がタクシーで往復してたら、仮に飛行機に間に合っても搭乗時間ギリギリだったと思います。 でも大勢の方の尽力で無事 2 時間前にはチェックインできました。

ほんとうに今回は、出発の時から空港で待ち、到着してからも娘ちゃんのお目覚めを待ち続け、帰りも大ポカで空港で待ち、そして多くの人に何度も何度も助けられた旅でした。
本当に感謝の一言です。

娘ちゃん連れの初海外旅行だったわけですが、今回はバギーを持って行くかどうか出発のギリギリまで悩んで、結局は持って行きませんでした。
実際に現地では 「 持って来た方が良かったかな 」 と思う事が数回ありました。 これは予想外に娘ちゃんが短時間の動きの中で爆睡してしまって、身動きが取れないためにホテルに帰るハメになった事が多かったからです。
やっぱりこの時にバギーがあれば、娘ちゃんをバギーで寝かせておく事ができますから。 今回は短時間でホテルを往復する中、旦那さんが娘ちゃんを抱え続けて大変でした。

ただ、持って行くならバギーは超軽量のタイプ ( 2,000 円弱位なので一時は購入も考えました ) よりも、既存の zapp で足回りのしっかりしたタイプがいいだろう ・・・・ というのが、旦那さんと私の感想です。 明洞などは工事中の場所も多く、全体的に日本ほど足場は良くなかったので、軽量バギーはタイヤを取られて動かし難いと思います。

それ以外は、普段通りに娘ちゃんの体調や体力の様子を見て無理さえしなければ、 " 大人が楽しむ都市 " といったイメージの強い ( 実際に私自身がそう思ってたのと、親にも友人知人からも " 子連れで行くところじゃないんじゃないか? " 的な意見を頂いてました ) ソウルですが、十分子連れでも楽しめる都市です。

結局は子連れで遠出をする時の " 子連れであるリスクや苦労 " ってのは、行く先によって大きな違いが出るものではないのでしょう。 場所がどこであれ体調の変化に気をつけ、しっかり水分を摂らせて、体力的に無理をさせず、バランスの良い食事と規則正しい生活 ( 我が家の場合は普段からこれは怪しい ・・・・・ ) をさせ、その上で文化や習慣の違いを考慮して、危機管理を行う。
普段からしている事に普段以上に注意をするってのは、どこに旅行しても大差ないもんですね。

モチロン行き先によっては疲労感は倍増以上なんですけど。。。。 
イロイロと勉強になった今回のソウル旅行、また機会があったら是非再訪したいです。
長々とお付き合いありがとうございました!


   summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Hey Ya 】  Outkast
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩 
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/277