t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 | main | 暮らす致死を ・・・ 追加情報 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
summer trip 2009 part 8 : 韓国伝統の焼肉店 ソラバル
韓国滞在最後の夕食をホテルの近くで摂ることにしました。
旦那さんのご希望は 『 冷麺が食べたい 』 です。
私も冷麺は食べたい ・・・・・ でも、冷麺だけでは物足りないです。

丁度焼肉店が 3 店舗ほど並んでいたので、様子を伺ってみると流暢な日本語で呼び止められました。 「 オイシイオニクアルヨー 」 ホラホラコッチコッチ、ハヤクハヤク ・・・・ ってな感じでちょっと強引な印象もありましたけど、看板には < SINCE 1970 > の文字。
長年の実績があるお店なら ・・・・・ という思いと、正直言って他を探すのも疲れて面倒だから。

『 韓国伝統の焼肉店 ソラバル ( 徐羅伐 ) 』



ホテルの正面から真っ直ぐ hello ap M 、Good Morning City の裏手を行く事になります。
白地の看板が目を引きます。 綺麗な佇まいのお店です。

中に入るとやはり遅い時間にも関わらず、結構な人数のお客さんで賑やかです。
声を掛けてきたオバサンが注文を聞いてくれます。 奈良で日本語の勉強をしたそうです。
先ず冷麺を注文しようとすると 「 それはダメ、冷麺はランチだけね〜 」 と言われます。

予想外の展開に驚いていると、「 お肉を注文したら冷麺も注文ダイジョウブ 」 との事。
なーんだ、と安心して 「 お肉はモチロン食べるから、冷麺もひとつお願い 」 と言うと、「 お肉がサキね 〜 」 と、あくまでもお肉を決めないとサイドメニューの注文は受け付けてくれないらしい。

すかさず、「 これがイチバンおいしい。 おすすめよ 」 と勧められたのは、味付けカルビ ( 確か 180 g くらいで 25,000 w だったかな? ) だけど、味付け豚カルビの方がお手頃。。。
悩む私たちに結構シツコク 「 こっちにした方がイイよ。 とってもおいしい 」 と、ニコニコしながらもかなり押しが強いオバサン。
それでも来韓してから豚カルビは食べてないので、やっぱり豚がイイ、と注文すると 「 豚は 2 人分から注文 」 と言われてしまった。
メニューには 1 人前 230 g ってあるから、2 人分ってーと 460 g にもなるんですけど
「 ダイジョウブ。 タレがイッパイ。 お肉、ほんのチョットね。」 とな。 こんな勧めかたってあり?



結局、注文したのは ・・・・ 『 トジェカルビ "豚味付カルビ" ( Spicy Barbecued Pork ) 230g 』 10,000 ₩  ( 約 900 円 ) × 2 、 『 ウソル "牛タン" ( OX Tongue ) 120g 』 25,000 ₩ ( 約 2,250 円 ) 、『 ヘルムパジョン "海鮮ネギチヂミ" ( Haemul-Pajeon ) 』 20,000 ₩ ( 約 1,8000 円 ) 、『 ソラバルムルレンミョン "徐羅伐水冷麺"  ( Cold noodles ) 』 5,000 ₩ ( 約 450 円 ) 、『 メシル "梅酒" ( Plum wine) 』 10,000 ₩ ( 約 900 円 ) ・・・・ 今夜は最後の夜だしホテルもすぐ目の前なので梅酒も注文。

実はこの梅酒 ( 雪中梅 Plus ) はビン 1 本 ( 385 ml ) なんですが、ちょうど昼のハナロクラブ倉洞店で同じお酒を見てました。 1 本 4,000 w ( 360 円 ) でした 。。。。 飲食店に出ると倍以上なのねー
ハナロクラブではこの梅酒の別バージョン、金箔入りの 「 雪中梅 Gold 」 1 本 5,350 w ( 481 円 ) を買いました。

注文がすむと小柄なおじさんが炭を持ってきてくれて、ほどなくお約束の小鉢・小皿 & 青物が次々と登場。 今度は若い気さくなお兄さん ( 日本語 OK ) がお肉を次々と焼いてくれました。
う、美味い 〜〜〜〜〜 っ  

かなり美味しいです。 たまらん美味です。 2 日前の景福宮も美味しかったけど、私達の口にはこちらの方があってたみたいです。
味付け豚肉の量は確かにオバサンの言う通りで、2 人分注文しても余裕でした。 牛タンの焼き具合は景福宮と同じく、私には少し焼きすぎな感。 やっぱりこれが韓国流なのでしょう。
冷麺はすごくシンプルであっさりしてるけど、キムチを入れたりして自分好みに。 ちょっと驚いたのが海鮮チヂミなんですけど、今まで食べた事がない玉子がたっぷり入ってる感じでふわふわ。 海鮮玉子焼きみたい。 味は美味しいけど、チヂミって思うと ・・・・ う" 〜〜〜 ん。 普通?のチヂミが食べたかったなぁ ( チヂミは景福宮が素晴らしく美味しかった! )

ドンドン焼かれるお肉をバクバクたいらげていると、隣の席に韓国人の常連さんらしき男性グループ登場。 "サムギョプサル" 『 豚の三枚肉 ( grilled pork belly ) 150g 』 9,000 ₩ ( 約 810 円 ) を注文。 これまた見てるととんでもなく美味しそう ・・・・・ お兄さんも 「 イチバン人気ですよ 〜 ♪ 」 とにっこり。

えぇぇぇぇぇぇぇぇえええ   
そんな事聞いたら、思わず頼んじゃうじゃないですかーーーー! って事で、思わず追加注文。 
モチロン、お兄さんはにっこりにこにこの笑顔で受けてくれました。



でも実はこの時には注文したお肉は全部焼き終わって、炭は引き上げた後だったので、注文後すぐにお兄さんは炭を持ってきてくれました。
でもどうやら炭を引き上げた後の注文は歓迎されないようで ( 大量の注文ならイイのかもしれませんが、サムギョプサル 1 人前だけだったからかも )、炭担当のおじさんが最初にお兄さんを脇に呼んで何やらお小言チックな感じ。
続いて、私達を勧誘して最初に注文を取った日本語堪能なオバサンが私達のテーブルを見てお兄さんに小声で ・・・・・ というか口パクで 「 また食べてるの?! 」 ってな咎める様な様子。

なんだかよく分からない ( 小声で韓国語だったり、韓国語で口パクだから ) けど感じ悪いなぁ 〜 と思ってたら、食べ終わる頃にオバサンがやってきて、それまでのニコニコ愛想の良さは消え ( 強引な感じはそのまま ) て、「 まだタベル? もっとタベルの? スミはオシマイ? もうイイネ! 」 と捲くし立てて炭を引き上げて行きました。 

これで完全に気ィ悪くなった私。 せっかく美味しく頂いていたのにねぇ。 これはないんちゃう? 追加注文に問題があるなら受ける前に言ってよ。 受けたらそれはそれで店の問題として客にツンケンする事ないやん

味はとってもとーーーーーっても、美味しいと思いました。
私達がいる間にも、お客さんはどんどん入れ替わり立ち代わりで、現地の常連さんもイッパイ、中には日本人の常連さん ( 日本語で例のオバサンに 「 また来ちゃったよー 」 とか話してた ) もいたりしてさすが 39 年も続く人気のお店なんですね。 値段もけっして高いとは思いませんでした。
でも、また行きたいか?って考えるとかなり疑問。

お腹はイッパイになったけど、なんだかなぁ 〜 後味の悪い夜でした。 ザンネン!


   summer trip 2009 part 9 : 待って待って助けられた旅 ( 2009.08.16 )
   summer trip 2009 part 7 : スーパー探検 ( 2009.08.15 )
   summer trip 2009 part 6 : 謎と驚きの漢江越え ( 2009.08.14 )
   summer trip 2009 part 5 : プチ 異文化 体験 & 交流 ( 2009.08.13 )
   summer trip 2009 part 4 : GO!GO!SEOUL ♪ ( 2009.08.12 )
   summer trip 2009 part 3 : 最新情報で旅支度? ( 2009.07.06 )
   summer trip 2009 part 2 : 行きはよいよい? ( 2009.06.23 )
   summer trip 2009 part 1 : 禁断の地?! ( 2009.06.12 )


本日のBGM : 【 Mixed Emotions 】  Ella Fitzgerald
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
| 行楽 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/280