t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 今朝の娘ちゃん | main | 3 才児の工夫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
ヒダリよりのハナ
娘ちゃんは入園以来、鼻風邪っぴきを繰り返しています。
園でも風邪の蔓延で日々お休みする子が続出だとか。

そんな娘ちゃんの鼻風邪を頂いてしまった私も、先週半ばから微妙に鼻がつまり気味。 こじれなければイイなぁ〜 ・・・・ なんて思っていたのですが、ものの見事にコジレテしまいました。
ただ、私の想像してたのとはチョット違って。。。。

朝起きると激しい首と肩の張り感に、これは後で頭痛になるなぁ 〜 、なんて長年の偏頭痛持ちとしての経験値から判断。
この時、すでに鼻の僅かな詰り感は見事になくなっていたのですが、頭痛に気をとられて考えもしませんでした。
昼過ぎには軽く俯いただけで後頭部に痛みが走ります。

とっても嫌な予感 ・・・・・ 娘ちゃん出産直前の入院 ( 2006/11/01 : 入院してしまいました。 ) した時の事を思い出してしまいます。
ただ痛み方は前回と違って、首の付け根の血管が脈打ちながら神経を圧迫してる様。  夕方には更に側頭部から締め付けられる様な痛みも加わって、とうとうダウンしてしまいました。

薬を飲んで小一時間ほど横になって頭痛が和らいだ頃に、ソレは起こりました。

鼻が片方詰っている時に横になって寝返りを打つと、詰っていない反対側に詰りが移動する事って経験ありませんか?
不意にソレが起こりました。 鼻も詰って無いし、寝返りも打っていないのに ・・・・・。

しかも、痛い !! 鼻に水が入った時の様な痛み、の激痛版!!!

すると、今度はこの痛みが頻発。
鼻の痛みとリンクして目頭と目頭の間 ( 何て言うのかな? 眉間とは違うよねぇ? ) と、首の付け根に激痛が走ります。
ただ、この痛みの元になっている鼻の詰りの移動感 ( 詰ってないけど! ) は何故か左鼻だけ。 右鼻では起こりません。

とても寝てられなくて身を起こすと、これまたビックリな事に痛みが軽減。
鼻空のヒリヒリ感と後頭部に微かな鈍痛はありましたが、ずいぶんと楽です。
鎮痛剤とシップ薬の併用で何とか眠れない夜をしのぎました。

翌日にはまた痛みは軽減していき、あの鼻に水が入った様な痛みは横になっても殆ど出なくなりました。
ただそうなった時の痛みは変わらずハンパなくて、その瞬間、正に悶絶します ・・・・・・。

少し落ち着いてきたので、副鼻腔炎と頭痛の関係をネット検索してみました。
何故、副鼻腔炎か? 鼻の痛みと頭痛は完全にリンクして起こってますし、鼻の病気っていうと副鼻腔炎しか思いつかなかったからなんですけどね。
で、こちらのサイトを発見。

 < 樋口脳神経クリニック >
 副鼻腔炎 ( 蓄膿症 ) に伴う頭痛 : 肩頭痛 ( 偏頭痛 ) である可能性あり


おぉ〜。 正に!!
・・・・ って事で、翌日が月曜日だったので朝から耳鼻咽喉科へ行きました。
カレコレ 30 年ぶりくらいの耳鼻咽喉科です。
診断もアッサリと ( 軽度の ) 副鼻腔炎でした。

ところで鼻の詰り感が左だけだったのは、鼻腔の奥の方が左に曲がっていて右より狭くなっているから ・・・・ じゃないかな、ってな見解でした。

薬も頂きましたけど、副鼻腔としてはほんと軽度だったらしく飲む必要もなく落ち着いたのでした。
人生初の副鼻腔炎でしたけど、二度とゴメンです。。。。


本日のBGM : 【 2声のインヴェンション 第4番 】 DEPAPEPE
JUGEMテーマ:ちょっと病気の話 
| 気になるアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/294