t e n t
すぐにタタメル仮の宿

自分にはモットモ向かない職 "育児専従者" に就いてしまった!
マンションの床下浸水事件を乗り越えて、
職人の旦那さんと、
日々急成長! 3 歳 4 ヶ月の娘ちゃんとの
スリーステップな3人暮らし
profile.
etc.
カウンターカウンター
 
Lilypie Fifth Birthday tickers
 
 
 
pick up.
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
new entry.
comment.
categorys.
links.
archives.
oters.


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 囚われの身 | main | 10ヶ月になりました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
豆電球の明かり
夜眠る時、私は電気を消して真っ暗にしないと寝付けない性質でした。
豆電球が点いていると、薄暗いのにイロイロなものが視界に入り込んで、妙に落ち着かないんです。

ところが最近は、授乳やおむつ換えのためもあって、豆電球を点けたまま寝るようになりました。

少し前まではそのつど電気を点けていたのですが、豆電球にしている方が、いつでも直ぐに娘ちゃんの様子を確認できるし、夜中に目を覚ました娘ちゃんが、私の姿を確認する事も容易です。
そのせいかどうか?夜泣きが少し減った気がしたりしなかったり ・・・・

豆電球の明かりの下、縦に横に転がりまわって、布団から飛び出して眠る娘ちゃんを見ていると子供の頃は豆電球を点けて寝ていた事を思い出しました。
小学校に上がるまでは確かに豆電球を点けていたはず。
いつからどうして真っ暗な方がよくなったのか、覚えていません。

それでも考えたら、その当時は親子 5 人で 1 室に寝ていました。
兄と私は 2 段ベットで、4 才下の弟は両親と布団を並べていたので、やっぱり母も今の私と同じ様に小さな弟の面倒を見やすいように豆電球をつけていたのかなぁ ・・・・ と思ったりしました。


そういえば今日は旦那さんの誕生日でした。
カレーが食べたい、というリクエストにお応えして今年も夕食はカレーでした。
そして毎年頭を抱えるのがプレゼント。 旦那さんが欲しがる物って車だとかバイクだとか、ん万円もするガンプラだとか ・・・・

今年は時間も余裕も無くて、とにかくお昼寝を邪魔されて愚図る娘ちゃんを連れて駅前まで行ってケーキと、ソニプラで普段は買わないような舶来のチョコを買ってすませちゃいました。
もっとイロイロ考えたかったんだけど、ごめんね。 旦那さん。

そして娘ちゃんは今日、初めて伝い歩きを披露してくれました。
わずか 70 cm ほど、テーブルにがっつり掴まりながらの摺り足ですが、彼女の人生の中で大きな一歩を踏み出して見せてくれました。
これが娘ちゃんから旦那さんへのプレゼント♪

実際には旦那さんは目撃してませんが、モチロン大喜びです。


こうして、豆電球の明かりの下で娘ちゃんの寝顔を見ていると、ついつい今日 1 日を振り返ったりしてしまって。
やっぱりなかなか寝付けないんですよね。

本日のBGM:【 Stay All Night 】小野リサ
JUGEMテーマ:生活安全
 
| 愉快な食卓 | comments(0) | trackbacks(0) | あらら。 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://tent-tent.jugem.jp/trackback/90